転職して思った以上に給料が下がり、給料日前は毎月金欠に悩まされるように…。仕方ないのでカードローンを利用してみようと考えています。

ただ、カードローンでお金を借りると利息がかかるというのがどうにも気にかかっているんです。利息ばかりが膨らんでいくというのは困るんですが、カードローンの利息は福利と単利どちらですか?

カードローンの利息は原則として単利になっています

カードローンとかキャッシングとかの個人向けの融資の金利は基本的には単利に設定されている場合がほとんどよ。締日ごとに『元金プラス利息』を新たな元金として金利計算をする福利に対して、常に利息を除外して『元金のみ』をもとに利息を加算していく単利の方が、同じ金利でも利息の額は確実に少なくなるわよね。利用する側にとってお得なのは単利ってわけ。

じゃあなぜカードローンが単利を採用しているのかって気になる人もいるでしょう。その理由はね、法律とおおいに関係があるのよ。現在、カードローンなんかの個人向け融資の金利上限は原則として18%に設定されているの。これを超えた金利を取ると法律違反になっちゃうのよね。で、もしカードローンが福利だと金利設定が18%以下の適正なものでも、いつの間にか実質単利で計算すると18%を超えてしまっているということが起きうるわけ。それではいけないってことで、カードローンはほぼほぼ単利になっているわね。

ただし単利だからって油断しちゃダメよ。どちらにしても毎月利息がどんどん加算されていくことには変わりはないんだもの。返済期間が長引くほど金利も膨らんでいくシステムになっているから、できるだけ利息の支払いを減らしたいって考えているなら、いかに返済に余分な時間をかけずに済ませるかっていうことを事前によく考えておくことをおすすめするわ。

キャッシングやカードローンの単利と福利について

キャッシングやカードローンをはじめとした金融機関からの借り入れには、利息がつきものです。ユーザーが元金に利息をプラスして返済するからこそ、金融機関もお金を貸してくれるのです。その利息に深く関わっているものが、利率です。それには単利と福利とがありますが、結論から言うと、単利では借金の元本は変動しませんが、福利では変動するのです。つまり、利息にも利息が付いてしまうのです。

それゆえ、お金を借りる時には是非、単利で借りるべきです。そのためには、とにかくお金を借りたら毎月欠かさずに返済し続けることが肝心です。そうすれば、少なくとも利息に利息が付いてしまうような事態にはなりません。しかし、もしも返済が滞ってしまうとなると、その時には話は別です。

なぜなら毎月の返済が滞ると、遅延損害金が発生してしまうからです。そしてその遅延損害金とは、滞納した金額に対してではなくて、ローンの残債全額に課されてしまうのです。それは正に利息にも利息が付いてしまうということであり、下手をすると借金は雪だるま式に増えてしまう危険があるのです。金融機関からお金を借りる以上、それは決して他人事ではありません。

そんな恐ろしい事態を避けるためにも、キャッシングでもカードローンでも、それ以外の全ての借金でも、返済は毎月確実に実行しなければならないのです。たとえミニマムペイメントであったとしても、払うのと払わないのとでは天地ほどの差があるのだと考えて間違いありません。とにかく全ての借金は、事前に返済計画をしっかりと立てて、事故の無いようにすべきです

ところで世の中には、ごく少数ではありますが、ヤミ金などの悪徳金融が暗躍しています。そして法律を無視した貸し付けを行って、暴利を貪っているのです。そんな悪徳金融では違法な福利計算でお金を貸すことさえも普通に行われていますので、絶対に手を出してはいけません。お金を借りる業者は、あくまでも健全なところだけにしなければなりません。
(⇒借りやすくても安全な業者はいくらでもあります!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.