事業用カードローン利息は必要経費になるか

キャッシングベスト3

私は地方でお店を経営しています。都会では不況から脱出しつつあると言う話を最近聞きますが、私の所ではまだまだという感じで、いつも資金繰りに苦労しています。それでも収支は一応トントンで推移してきていますが、時には資金ショートを起こす寸前まで行くことも有ります。こういう場合銀行で頭を下げて借りるのですが、その際に持っていく説明資料を用意するだけでも時間がかかり銀行も一度では済まない場合も有って、大変苦労していました。(参考ページはこちら→銀行での融資はどれも大変?

そこで銀行の勧めも有って、事業用のカードローンを利用する事にして、今月から利用を始めました。もちろん借入したものですから、それを返済するお金については必要経費と言うのはおかしいのですが、他のローンと同じでカードローンの場合も利息は必要経費になるのではないかと思っています。借りたり返したりで自分で計算するのは面倒ですが、利用明細が有れば額はつかめますので、余分に計上することは無い筈です。そこで質問ですがカードローンでも利息は必要経費にしてよいのでしょうか。

カードローンでも利息や何らかの手数料などは必要経費になります

もちろん利息あるいは手数料などは借りた額以外に余分にかかってしまうお金になりますから事業を営む上で必要な経費として認められます。確かにカードローンの場合には返済額の中に利息がいくら含まれるか分かりにくいですから、利用明細をうまく使ってしっかり必要経費として計上してください。またどの程度完済までに利息が掛って来るのかと言うことも予めシミュレーションして返済計画を立てておくことも忘れないようにしましょう

どうしても借りなければならないと言う場合には、まずは返済計画を立てることから初めて、完済までの間の収入の見積りと支出の見積りを行ない、返済出来るだけの資金が残るのかを見極めなければなりません。返済の見通しが出来ない場合には借入を再度検討し直してください。返済するために、更に別の借入が必要になると言うよう杜撰な計画を立ててはいけません。また状況は時々刻々と変化する為、借入後も返済計画は毎月見直すようにしましょう。

またカードローンを利用する際には特に注意することが有ります。これは個人で利用する場合でも同じなのですが、カードローンはあなたが言うように他の借り入れ方法よりも借りたり返したりが非常に容易にできます。このためそれまでであれば何とか遣り繰りする方法を知恵を絞って考えた筈ですが、カードローンの場合はそんなに考えなくても簡単に借入できてしまうために、安易に借入してしまう可能性が有ります。あくまで借金だと言うことは忘れないようにして下さい。

また利息と言うものは金利の他に、借入期間も大きく関係しています。したがって、返済出来るのであれば返済日を待たず早いうちに返済してしまった方が利息は少なくなります。そこで予定よりも収入が大きくなっている場合には、返済に回せるかどうかを検討して、返済に回せるのであれば余分に返済するようにしましょう。こうすれば元本が減りますから、以後の返済で掛る利息も少なくなり、カードローンを大変有利に利用する事が出来るようになります。

カードローン利息は必要経費として認められるのか

カードローンは、無担保で保証人もいらず、更にスピード審査で条件によってはその日にでも借りることが出来るので、大変便利な存在になっています。しかも、使用目的は自由になっているので生活のためや、趣味や旅行などにも使うことが出来ます。

カードローンは個人向けのものと事業者向けの仕事でも使用出来るタイプのものがあります。会社の役員や社長が代表となって、必要な社員の数だけ発行することが出来て利用出来ます。会社の必要な備品など購入のときに現金が必用ないので、大変便利です。また、いつどこで何を購入したのかも、直ぐにわかるのであとでの確認も楽になります。

事業者向けのカードローンで気になるのが、カードの支払は必要経費になるかどうかです。実は、これに関しては基本的には、カードローン自体が経費になることはありません。借入までが経費になるのは、問題があることなのか認められることは少ないようです。ただ、カードローン利息だけは経費とすることが出来る場合があります。

これは、会社が保有している場合は利息を支払うのは会社である認識が高くなるので、経費として落とせることがあります。更に、カードローンで引き出したお金で事業用の備品などを購入した場合は、その上で事業に組み込んだ場合は経費になるようです。仕事での買い出しで、カードローンで現金を引き出して購入したときには、領収書やカードの利用明細書なども必要になります。

個人でもカードローンを使用するときは、返済管理などが重要になりますが、仕事での利用も同じくローンを伴う責任があるので、経費になるからという軽い気持ちで使うのは辞めておきましょう。手軽に利用出来るからこそ、現金と同じようにカードでの購入も出費するときには管理が大切になってきます。後から、必要経費として落とすためにも、カードローン利息や購入した備品などの領収書や明細書などもきちんと保管し、会社に提出できるようにしておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.