カードローン利息あるけどメリットある?

キャッシングベスト3

いろいろと出費が重なって金欠で困っていたら、友人からカードローンの利用を薦められました。私も興味がなかったわけじゃないし、利用してみたいという気持ちはあります。

でもカードローンって利息がバカにならないって言いますよね。そこを差し引いてもカードローンにはメリットがあるものなんでしょうか?
(⇒お勧めなカードローンを使えばメリットも増大?

必要なお金を手軽にすぐ借りられるのが最大のメリットです

カードローンの最大のメリットは、必要なお金を簡単な手続きで手軽にすぐ借りられるという点に他ならないわ。どうしても今すぐにまとまったお金を用意しなければならない、でも手元にはその金額がない…そういう事態に陥る可能性は誰しもあるものよね。そんな時はやっぱり借りるという手段が最も現実的よ。
(⇒簡単に借りられるという事はどこも融資審査は簡単?

しかも、カードローンのいいところは面倒な手続きや準備がほとんどいらないというところ。簡単な申し込みの書式を記入するだけで、ネットや電話なんかでもすぐに利用の手続きを済ませることができるんだから。時間がかかると思われがちな審査を含めても早ければ1時間とかからずに現金をてにすることができるカードローンがいくつもあるわ。しかも家族や知り合いにお金を借りるのと違って何のしがらみや気苦労もない。とにかく決められた日に決められた金額を返すことさえきちんとできれば、何の気を遣うこともなくお金を借りていられるわ。

ただまぁ、あなたの言う通りメリットばかりでもないのは事実ね。利息がバカにならないっていうのもその通りだし、それにカードローンならではのメリットは裏を返せばリスクにもなりうるものよ。手軽にすぐに現金を手にすることができるカードローンは、それが借金という行為であることを利用者に忘れさせてしまいがちなの。だからついつい必要以上に借りすぎてしまったり、無計画な借入を繰り返して返済に苦心する羽目になる人も少なからず出てくるわ。

カードローンというサービス自体は決して悪いものではない、でも利用する側の意識によってはメリットがデメリットに転じてしまうこともあるのね。だからカードローンを利用する時には、それが借りたお金であるということ、返さなければいけないお金であるということを忘れない…その意識をしっかり持つことが必要不可欠よ。

カードローンで利息がバカにならないときの対処法

カードローンで利息がバカにならないときの対処法を知っておくことによって、楽に借金を返済することが出来るようになります。基本的に、カードローンの利息は法律によって上限が決められていますので、絶対にそれ以上の利息でお金を請求されることはないのですが、上限が決まっているだけで法律の範囲内でどのような請求をするかは自由ですので、利息の請求には業者によって大きな違いが存在するのです。

では、利息が大きいときにはどのような対処をすれば良いのでしょうか。最も理に適った方法は、ローンの借り換えを行うことです。ローンの借り換えを行うことによって、現在抱えている実質的な借金を少なくすることが出来るようになりますので、消費者の借金の負担が激減することになります。ローンを別のローンで返済することが出来るサービスが存在するわけです。
(⇒消費者金融以外の借り入れ先とは

例えば、現在抱えている債務が100万円だとして、ここに金利が15%設定されていると考えると、一年後に返済しなくてはいけないお金は合計で115万円になります。しかし、これを借り換えによって金利5%のローンに借り換えることが出来れば、一年後に返済する金額が105万円になって、10万円分のお金が手元に返ってくることになります。つまり、借金の負担が減っているのです。

カードローンにおける借り換えローンは、多くの金融機関で提供されています。そもそも、こうした借り換えは複数の金融機関からお金を借りたときなどに利用するもので、金利や手数料によって増大する消費者への負担を軽減させるために考えられたサービスです。そのため、金利を低くするためにこのサービスを利用することは非常に理に適っていると言えます。

このように、利息がバカにならない状況になったとしても、ローンを別のローンに借り換えることによってこうした問題は簡単に解決できます。利息を減らすことが出来れば借金の負担を減らすことが出来ると言うことを忘れてはいけません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.