私は現在銀行のカードローンを200万円ほど借りています。カードローンですから返済額が一定であまり返済を気にしたことが無かったのですが、最近はそれ程借入していないにもかかわらず、いつまでたっても借入残高が減っていかず、最近ちょっと不信に思っています。私は高校時代あまり勉強もせずに就職し、それなりに頑張って評価され良い待遇で雇ってもらっています。しかし悲しいかな数学は未だに良く分かりません。私の借入額が減らない理由を考える術が有りません。

無い頭で考えれば銀行が計算を間違うとは思えないので、要するに利息ばっかり払っているのではないかと思えてきます。もし本当にそういう事であれば早く返済するためには何とか利息を減らす方法を考えなければ、いつまでたっても借金は無くなりません。そこで教えてほしいのですが、まず私が利息ばっかり払っているのは正しいのでしょうか。正しいとすればどうしたら利息を減らすことが出来るのでしょうか。よろしくお願いいたします。
(⇒利息の支払いについて考える

あなたの推理は正しい筈です元本を減らせば効率よく返済できます

詳細が分からないのではっきりとは言えませんが、あなたの推理は多分当っています。カードローンの返済は毎月一定額と言うことで返済しやすいと考えている利用者が多いのですが、確かに返済はしやすいかもしれませんが元本が大きくなると返済期間が延びてしまうと言う特徴があります。あなたの場合元本が200万円残っているとすると月々の利息もかなりの額になっていると思われます。では何故元本がなかなか減って行かないのでしょう。

返済額が一定ですから例えば1万円を毎月返済しているとして、元本が200万円、金利が5%として計算すると利息は月に8200円程度になります。したがってこれを返済額の1万円から差引くと1800円となって1万円返済しているつもりが実は元本は1800円しか返していないと言うことになります。このためあなたが言うようにちっとも元本が減らないと言う人が出てくる訳です。要するに返済額が一定と言うのが足を引っ張っていると言うことです。

利息と言うものは金利が大きく影響しますが、それと同じように借入期間にも影響を受けます。あなたはこのまま同じように返済し続けると元本がなかなか減りませんから高額の借入をずっと続けることになります。つまり完済までに支払う利息が増えるわけです。金融機関は喜びますね。これが金融機関の目的の一つでもあるのですがそれはおいておいて、ではどうやってこの利息を減らしていけばよいのかを考えてみましょう。

要するに利息を減らすためには元本を減らすことが必要な訳です。元本さえ減らせれば以後は利息分が減るため効率よく元本の返済が出来るようになります。そこで利用したいのが一時返済等と呼ばれる月々の返済の他に臨時で返済出来る返済方法です。例えばあなたも会社員なら賞与が出ると思いますのでその分で元本を減らせば、以後の利息を小さくでき結果的に返済総額を減らせるようになると言う訳です。余ったお金が有ればまず返済と考えましょう。
(⇒返済において最も負担を軽減する方法とは?

銀行カードローンは低い利息で大きな金額の借入れが可能

カードローンのイメージとして身近に感じていらっしゃる方も多くなり、利用者数も増加しているということができますが、借り入れた金額に利息を足して返済することになりますので、どこの会社が行っているサービスが一番利息が安いかを調べてから利用することが賢い借入れ方法であると言うことができます。お金の融資を行っている会社には様々な形態のものがありますが、それぞれを比較すると銀行系のカードローンがより金利が低い設定で多くの金額を借り入れることができますのでお得なサービスと言えるでしょう。

利息の低さで業界内で定評のあるものがオリックス銀行カードローンで、金利は実質年率で3%~17.8%に設定されていて、利用限度額は最大で800万円まで借り入れることができます。銀行系の融資の特徴として銀行法に基づいて借入れサービスを行っていますので、改正貸金業法による総量規制の対象とはなりません。ですので、年収の3分の1以上の金額であっても貸し出すことができますので、低金利で高い利用限度額が設定されてあるローンサービスは、他社からのローンの借り換えや複数の金融業者から借入れを行っている方であれば、ひとつにまとめることで金利を減らすことができますので、借入れ金額自体も減少させることができ返済計画が立てやすく、返しやすくなるのでおすすめできます。(参考ページはこちら→おまとめローンは何かと便利な方法

住信SBIネットバンクのカードローンの利息も非常に低い設定がされており、実質年率で3.5%~10%で最高700万円まで借り入れることができるのでお得です。

他の融資を行っている会社に比べると後発組と言うことができる楽天銀行カードローンの利息も低いものとなっており、4.9%~14.5%の金利で最大500万円まで借り入れることができますので大変おすすめできます。

三井住友グループのキャッシングも金利が低く、4.8%~18%の設定になっていて、最高で500万円まで借り入れることができますので利用しやすいものとなっています。

【参考ページ】
やはり銀行系の融資はどこも優秀?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.