カードローンを見ていると年利が4%くらいから18%くらいとなっています。なぜそんなに幅が広いのでしょうか?4%くらいだったらありがたいのですが、どうやって金利は決めているのでしょうか?

18%にもなるともはや2割の金利となってすぐに金利が元本を越えてしまうのではないかと思いますが、どうなんでしょうか?やはりカードローンなどで借り入れするのは怖いのでしょうか。

年利がたったの4%って本当?得するカードローン利用法は

金利については利息制限法という法律によって割合が決められています

元本が10万円以下の場合は20%以下
元本が10万円以上100万円以下の場合は18%以下
元本が100万円以上の場合は15%以下

となっていて、この金利内で設定されています。ほとんどのカードローンの金利は18%が上限で遅延の際の利子が20%としているところがほとんどですね。銀行カードローンの金利は低めに設定されていて消費者金融のカードローンはそれより高い設定ですね。

借り入れ金額が低いほど上限金利で借り入れ金額が高いほど下限金利になると思っておられたらいいと思います。10万円借りた人と100万円借りた人の金利が同じなら返済する金利の額も10倍になるわけで、とんでもないことになりますよね。

利用者ができるだけ公平になるようになっているので、借り入れ金額に対して相応の金利がそれぞれにかかっていると思ってもらえばいいと思いますよ。カードローンは借り入れたらできるだけ早く返済する。これが一番良い方法で、金利が低くても高くても返済が長期になればそれだけ金利がかかるので、できるだけ早く返せば余分なお金を支払わなくてすむということです。

【参考ページ】
今の金融業者は全体的に低金利?

年利が0.04のカードローンを利用したい

家計のやりくりをしていると、急にお金が必要になることがよくあるので、ほとんどの方が何らかの債務を持たれています。

カードローンは、お金の使用用途が自由になっており、担保や保証人が必要ないので、利便性が高いですが、住宅ローンや自動車ローンに比べると、金利がやや高めに設定されています。なるべく低金利でカードローンを利用したいと考えている方が多くなっています。一番金利を安く抑える返済方法は、一括払いになっているので、お金を借りたらすぐに完済をするようにして下さい。

大手の銀行や消費者金融では、初めて利用する場合は、30日間から180日間の無利息期間のサービスがある貸し金業者が多くなっています。無利息期間の間にお金を一括で返済すると、利息は付かないので上手に利用すると良いでしょう。

会社員や主婦の方は、土日にお金が必要になってしまうことがよくありますが、銀行でお金をおろすと手数料が高いと感じている方が多いのではないでしょうか。土曜日にカードローンを利用して、融資を受けたら、月曜日に一括で返済をすると金利はわずか0.04パーセントなので、銀行でお金をおろすよりもお得になっています。

カードローンを利用できる貸し金業者は、消費者金融、銀行、信用金庫、信販会社などがありますが、なるべく年利率の低い貸し金業者を選ぶことが大切です。銀行や信用金庫は、審査基準がやや厳しくなっていますが、消費者金融に比べると金利が低いのが特徴になっています。短期間だけお金を借りたい場合は、土曜日にお金を借りて月曜日に返済をすると、ほとんど金利が付かないので大変便利です。

消費者金融は、ほとんどの貸し金業者で無利息期間のサービスがあるので、上手に活用することが大切です。無利息期間は、一日を過ぎると金利が掛かってくるので、きちんと期間内に完済をすることが大切です。長期間の利用の場合は、計画的に利用する必要があるので、信頼できる貸し金業者を選ぶようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.