キャッシングサービスとカードローンの違い

キャッシングベスト3

キャッシングとカードローンの違いについて教えてほしいです。私はクレジットカードを持っていますが、クレジットカードにキャッシング機能が付いており上限10万円まで利用することができます。

カードローンも機能としては、カードが発行されてキャッシングできると聞いたのですが、それならば買い物時にも使えるクレジットカードの方が便利だと思うのですが、何が違うのでしょうか?

知ってる?キャッシングサービスとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違いというのはほとんどありませんが、2点大きな違いがあります。

1点は、クレジットカードのキャッシグはATMなどで自分で引き出しますが、カードローンは初めの借り入れの時は口座への振り込みも可能だという点です。カードが発行されてから自分でATMなどで引き出すこともできますし、振り込みも可能です。

2点目は、返済についてです。クレジットカードの場合は、利用した翌月に一括返済となりますが、カードローンは返済方法が選べます。カード会社によっても選べる内容や金利はりがいますが、一括はもちろんのこと分割、リボルビング払いなどいくつかの返済方法がありますね。

クレジットカードのキャッシングはあくまでオプションとしての機能なので融通が効かないですね。カードローンは借り入れに特化しているので借り入れ方法や返済方法に選択肢があり融通が効きますね。買い物時はクレジットカードが便利ですが、現金が必要な時はカードローンがいいと思いますよ。
(⇒借りやすさについては違いはある?

キャッシングサービスとカードローンの違い

キャッシングサービスとカードローンは、どちらもカードを使ってお金を借りることから、同じもののように感じる人も多いのではないでしょうか。しかしこの2つの仕組みは、似て異なる部分があるのです。同じ意味合いを持ちながら、具体的にどのような違いがあるのか詳しくみていきましょう。

まずキャッシングサービスとは、短期で借りる小口融資のことで、クレジットカードやキャッシングカードに付随のキャッシング機能を利用して、ATMやキャッシュディスペンサーから現金を小額から借りられる融資のことです。つまり多額ではなく、多くても50万円ぐらいまでの小口融資のことをいい、1万円単位の少額から借りられることができて、返済も一回で返してしまうという仕組みです。

一方カードローンとは、数十万程度の小口融資だけでなく、数百万円までの多額の大口融資を受けることができます。そのため大きな金額を借りることになるので、返済方法は支払残高に応じて、月々あらかじめ決められた額をクレジット会社に支払う、リボルビング払いという方法で返済するのが一般的と言われています。

このように、2つの大きな違いはその返済方法にあります。キャッシングサービスの場合は一括で支払うのが一般的ですが、カードローンは月々支払うリボルビング払いが一般的なのです。キャッシングはショッピングクレジットと同じように、翌月一括払いが基本となります。一方カードローンは長期で返済していくのが基本となるサービスなのです。

比べてみるとはっきりした違いがみられますが、近年ではキャッシングでもリボルビング払いの返済方法になっているところも存在するため、はっきりとした線引きがなくなってきており、両者の明確な違いが見えなくなってきているのが現状です。そのため、どちらを選ぶべきなのか悩んでしまうかもしれません。

そんなとき、一つの判断基準として金利に注目してみる必要があります。カードローンは銀行が出しているローン商品であり、金利も低くなっています。リボルビングの長期返済により、比較的高い利息収入を得ることができるからです。一方キャッシングは、一括払いが基本となるため金利が高くなってしまいます。これらのことを踏まえながら、カードの特徴を理解し自分に合った選択をすることが大切でしょう。

【参考ページ】
カードローンとキャッシングの仕組みの差

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.