キャッシングとカードローン融資に違いナシ

キャッシングベスト3

審査のゆるいカードローンってあの消費者金融のことでしょ?まとまったお金を貸してみたいな。もう一つキャッシングってあるじゃない。これってどう違うの?
(⇒審査が緩い金融業者について知っておきたい知識集

支払い方法に違いがあるかもカードローン&キャッシング

そもそもキャッシングって小切手などを現金化することをいうのよ。そしてカードローンは和製英語。消費者金融ってのは商業化されて一般に普及しているのは日本ぐらい。普通海外ではヤミ金に一種になるわよね。なんせ銀行以外に金融機関が存在するんですから。日本の場合は、消費者金融に対して法整備がなされているので、全くの健全のしかも銀行も信頼を置いている企業の一業種。

カードローンの場合、カードを使って限度額内で何度も借入可能ですよね。カードローン商品は基本、消費者金融の商品で今や名称はそのままでニーズに合わせて進化しています。銀行ではできないことを、消費者金融でノウハウを蓄積して利用者に提供しているんです。

では今現在どう違うかと言えば、キャッシングは支払いが一括。カードローンはリボルビング払いで月々一定の額での支払いになります。キャッシングはよくクレジットカードに付帯していますね。ショッピングでどうしても1~3万程度必要な時に即使えるのが嬉しいです。支払いは上記の通り一括が基本です。カードローンの場合30万だとか、どうしても生活にもう少しプラスして欲しい時に助けてもらうという感じですね。リボ払いの月々1万5千円程度の返済が安定的にできれば、審査は通り安いでしょう。

最近では、カードローンもキャッシングより利用しやすく、1000円単位から借入可能な業者もあります。キャッシング借入で返済が難しい時に、カードローンを上手く使うといいかもね。キャッシングかカードローンかは、借入額や利息返済を見比べるといいわよ。

カードローンとキャッシングの違いについて

コンビニへ出向き、ATMにカードを入れ、金額と暗証番号を入力する。わずかこれだけの手順でお金を借りることができる便利な世の中となりました。

世の中には数多くの種類のお金を借りる手段があります。先に例に挙げた手段ですとカードローンやキャッシングが該当するでしょう。カードを使ってATMで手続きができるので、多くの人に利用されているカードローンやキャッシングですが、その違いについてきちんと理解をしている人は世の中にはさほど多いとは言えません

そこで、カードローンとキャッシングの違いについて解説をします。

まず、キャッシングですが、これはもともと「お金を引き出す」という意味があり、すぐに返すことができる一時的なお金の貸し借りを想定してできたものです。返済方法は翌月の支払日に利息を加えた金額を一括で返済するのが基本となっています。なお、最近は返済方法が多様化しており、リボ払いが可能なキャッシングもあるようです。

一方カードローンは、一定の決まった金額の範囲内で用途制限がなくお金を借りることのできるものとなっています。返済方法は基本的にはリボ払いなどの分割払いで、まとまったお金を借りて、毎月一定額を少しずつ返していくことを想定してつくられています。金利はキャッシングに比べて低くなっている場合が多いのが特徴です。

一時的に少額のお金が必要な場合はキャッシングを、まとまったお金が必要で一度に返済ができない場合はカードローンを利用するのが適していると言えるでしょう。

つまり、高めの金利ですぐに借りてすぐに返すか、比較的低めの金利で長い期間をかけて返すかの違いです。これらの違いを知っておけば、いざ自分がお金を借りる際に、自分にとってどのような方法で借りるのが最も適切なのかを判断する重要な指標となります。
(⇒金利の意味をマスターして融資を使いこなそう

また自分が利用している会社によっても金利やサービスなどに違いがあります。新たに申し込みをする際にも自分の使い方を想定して、自分に有益となるような選択をしたいですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.