「融資」って聞くと、面倒な手続きや、融資担当者の慇懃無礼な態度なんかを思い浮かべてしまって、自分とはまるきり無縁に感じられるけど、「カードローンによる貸し付け」と聞くと、とても身近な感じです。

実際には、融資を受けたこともないし、カードローンの利用もしたことはないんですけど…。実際のところ、融資とカードローンの違いってなんなんですか?どちらも借金であることにはかわりありませんよね?

融資とカードローンとの違いとはズバリ!受ける印象の違いにあり

融資とカードローンの違いですか…。確かに「融資」って聞くと、なんだか固い印象を受けますね。

では手始めに、「融資」というコトバについて調べてみましょう。

融資の「融」の字には、〝固いものがとけていっしょくたになる〟という意味と、もうひとつ、〝滞りなく通る〟、という意味合いがあります。融資という熟語としてとらえた場合、この後者の〝滞りなく通る〟の意味でつかわれていると思われます。

次に、融資の「資」の意味を調べてみましょう。資材・資料・物資・資格…、さまざまな熟語がありますが、この「資」の大きな意味は「資本」という熟語からも分かるように、お金を意味するコトバのようです。つまり、融資とは、「お金を融通する」という意味となります。

家族やごく親しい友人などから融資を受けるなら、「そのお金は貸したのではない、あげたものなのだから、返済は不要」などと言って貰える非常に美味しいケースもあるかもしれませんが、たいていの場合は、「いついつまでに必ず返す」という約束をするのが常。そのときは、「借りた金額分だけではなく、金額を上乗せして(利子を付けて)返す」、あるいは、「お礼として他の物品をつける」なんていうこともあるかもしれません。

貸金業者など、お金を貸すことで収益を得るところから融資を受けるにあたっては、家族や友人の場合よりもっと明確なルールが必要となってきます。万が一、返済が滞ってしまった場合などには、借りた金額に対し、返済時に上乗せする金額(=利子)の割合を高くするなどの方法が取られる場合が多いです。

融資についてのお話をしました。では、カードローンは別物なのでしょうか。

いえいえ、相談者さんが「融資もカードローンも借金であることには変わりない」とおっしゃっているように、カードローンも融資の一形態であります。ローンというのは、もともとは、「用途の決まった買い物・支払いなどに対し、まとまった金額を借り受ける」ということを意味しており、住宅ローン、教育ローンなど、用途が冠に着いているものは目的がハッキリしているので分かりやすいですよね。

融資とカードローン、どちらも借金であり、同じ意味合いなのですが、相談者さんがいちばん最初に述べていた通り、各貸金業者が案内したい融資プランのイメージで、コトバを使い分けられることが多いようです。

「融資」というコトバを遣った場合、それなりの社会的立場を持ち、収入もそこそこある人が、やや煩雑な手続きを踏んで手堅いプランで大金を借り受ける…、そんなイメージです。「カードローン」というコトバを遣った場合、「誰でも気兼ねなく簡単にお金が借りられる」イメージです。

しかし、どちらも単なるイメージに過ぎません。大事なのは、いざ、お金を借りるといいうとき、イメージだけで勝手に思い込んでしまうのではなく、実際の金利はどれくらいなのか、返済期日はいつまでなのか、等々、詳細を確かめ、なおかつ自身の返済能力と照らし合わせてから融資の申込みをすることをオススメします。

【参考ページ】
様々な融資方法の比較

銀行からの融資カードローンによる借り入れの違いについて

銀行からの融資カードローンによる借り入れの違いについては、担保が必要か、そうでないかの違いがあります。銀行の融資を受けるときには担保が必要です。対してカードローンは担保の無い状態で借り入れをすることができます。

担保を前提としている借り入れとは違って、カードローンの場合には現金が急に必要になったときに便利に使うことができます

銀行でもカードローンを利用することができますが、担保は必要ありません。担保を必要とする融資とは違って、年収や信用度などによって審査を受け、借り入れをすることができます。選ぶカード会社にもよりますが、申し込みをしたその日のうちに借り入れ可能なところもあります。銀行で融資を受けるときには担保も必要ですし、審査も色々と大変ですから時間がかかります。
(⇒融資審査の内容はどうなってるの?

スピーディに借り入れをしたいときには、カードローンが便利です。また、借り入れ限度額の範囲内で必要な額を何時でも借りることができますし、いつでも返すことができます。

カードを作るときには、審査が必要ですが、申し込みをして審査を通った後であれば、借り入れ限度額の範囲内で借りたり返したりすることができます。ATMを使って、借り入れや返済をすることができますので、借りるのも返すのも便利です。

緊急にお金が必要になったときや担保のないときにも便利に使うことができます。保証人も要りません。ネットやATMで申し込みをすることができますので、誰にも知られることなく借りることもできます。夜間や休日など必要なときに借りることが可能です。

銀行での融資を受けるときとの違いは、担保の有無だけではありません。自分が必要なときに自分の都合に合わせて利用することができます。必要なときに毎回、契約をする必要がありません。限度額内で返済と借り入れを繰り返すことができます。一度審査を通ってしまえば、限度額内で自由に借り入れや返済ができますので自分の都合がよいように利用することができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.