カードローンとフリーローンの違い教えて

キャッシングベスト3

カードローンってテレビコマーシャルなんかで最近よく耳にするんですけど、カードを使ったお金の借入のことなんだろう、と想像がつきます。お金が足りないときなんかには便利だろうな、と利用を考えたこともあります。(参考ページはこちら→カードローンはどんな時に便利?

いろいろ調べていたら、フリーローンというコトバが出てきました。コトバ通りだったら、自由なローン?つまり、使用目的、用途に関して自由なローンってことですよね。となると、カードローンは使い道が自由なわけではないの?カードローンとフリーローンの違いってなに?教えて下さい。

どちらも用途自由なローン形態ではあるが、借り方には違いがある

そうですね!基本、自分が借りたお金ってなんにでも自由に使っていいものだと思っていましたが、わざわざ、「フリーローン」なんて銘打っているローンが存在しているということは、カードローンは実は自由に使っちゃダメ!ってことなのかな?

「いえいえ、そんなことないです。カードローンは、使い方が自由なフリーローンの一形態。借りたお金はきちんと返済する約束をした上で、そのあとは、なんにでも自由につかっていいんですよ」。

そう答えて下さったのは、女性雑誌で読者からの家計費の相談などにのっているライターの日吉理恵さん(仮名)。

では、わざわざフリーローンって銘打っているようなローンが、カードローンとは別に存在する理由はなんなんですか?

「そう、カードローンはフリーローンの一形態ではあるけれど、フリーローンという名称のプラン、金融業者の〝商品〟がある場合、それはカードローンとは違った意味合いを持つことになります」。
(⇒金融業者によって融資に違いも出てくる?

どのように違うのですか。

「簡単に言えば、〝借り方〟ですね。カードローンは、限度額というものがあって、限度額の範囲内であれば、何度でも借入は可能。反対にフリーローンの場合は、「この金額」と最初に決めた金額を一括で借りたあとは、追加の融資などは受けられません。つまり、〝何に使う〟と用途をはっきり持って、それに必要な金額を借りるということなんです」。

そうなんだ?!カードローンとフリーローンの違いが分かりました。ありがとうございました。

決定的なカードローンとフリーローンの違い

フリーローンという言葉を聞いて、ピンとくる人はあまり多くはないでしょう。中にはその言葉自体初めて聞いた人もいるかもしれません。一般的に有名であるカードローンとフリーローンは、どちらも使途目的が自由なため同じもののように感じますが、実はこの2つのローンには決定的な違いがあるのです。その違いを具体的にみていきましょう。

カードローンとは、当初の契約のみで決められた限度額まで何度でも借入れをおこなうことができます。カードローンは毎月の定額返済を続けているかぎり、限度額の範囲内に残っている枠内で自由に何度でも借りることができるローンなのです。また、毎月の返済の過程でさらに借り入れが必要になれば、追加融資を受けることができるのもカードローンの特徴です。

一方フリーローンは、ある一定の資金使途に対して契約書を交わし借りることができるローンです。例えば50万円の限度額の枠に対して、30万円借りたとします。この時点で一度締結してしまうことになります。そして30万円を返済して、残りの枠内の20万円をまた借り入れるとなると、新たに借入れ審査を受けて、金銭消費貸借契約を締結しなければいけません。

このようにカードローンとフリーローンの違いとは、追加融資が受けられるか受けられないかということになります。カードローンは自由に追加融資を受けられることに対して、フリーローンはその追加融資を受けることができないのです。

そういった理由からも分かるとおり、フリーローンよりカードローンのほうが融通が利き、便利なローンのように感じます。しかし、追加融資できないフリーローンは確実に借入れ残高が減っていくため、借入れに対して不安のある人にとっては借金をいつまでも持ち越さないで済むという利点もあり、無駄な借入れを抑えることができるのです。

どちらの仕組みのローンを選ぶかは、その人の借入れの目的や生活環境などと照らし合わせて、より良い方法を見つけることが大切です。金融機関ごとに借入れ条件が異なるため、審査の基準に検討するかどうかを確認し、自分のニーズに合ったローンを選択するようにしましょう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.