カードローンとサラ金って一緒よね。ヤミ金じゃないし。違いが良くわかんないわ。

カードローンとサラ金は殆ど一緒よ

サラ金って?今で言う消費者金融なんだけど。「サラリーマン金融」ってのが語源らしいの。面白いわよね。でも当時、「サラ金」なんて言われている時代は法整備も無かったらしく、取り立ても金利もとてつもなく異常だったんだって。だから「サラ金」と聞いて、ビビってしまう人も多いわよ。
(⇒現在の融資では法整備も整っています

カードローンって?カードローンというのも、実は消費者金融が出現し始めたと時の造語で銀行でいうところのキャッシング。銀行よりも金利が当初は破格に高かったんだけど、今は全くそんなこと無いわよ。むしろ銀行が融資の手本にするぐらいだもん。今では、消費者金融の方が即日融資に対応してくれる確率が高いしいいわよ。
(⇒そんな銀行の融資の利点について

一方ヤミ金って?未だに存在する「ヤミ金」。とにかく取り立てが酷いし違法だわ。おカネを貸してくれるだけじゃ済まされないし、利息も酷いし、取り立ても酷い。関わると大変よ。トラブルになるので絶対だめね。(参考ページはこちら→闇金について知り使わないようにしよう

違いはどこにある?「サラ金」と「消費者金融」違いはそうないし、ただ以前よりずっと法整備もすすんで、誰もが信頼して借入できるようになったのはありがたいよね。しかもクレジットカードに付いているキャッシングだと、借りたら一括返済しなきゃいけない。カードローンの場合は、リボ払いで返済出来て月々少額返済なので助かるわ。消費者金融のカードローンはとっても便利。(参考ページはこちら→作りやすいのも消費者金融の利点の一つです

カードローンとサラ金がどう違うのかを知っておく

カードローンとサラ金がどう違うのかを知っておくことによって、より安全にお金を借りることが出来ます。基本的に、カードローンを提供している会社と言うのは極めて健全な会社であると言えます。合法的な金融業者しかカードローンを提供することが出来ませんので、法律に則って安心してお金を借りることが出来ます。

反対に、サラ金と言うのは非合法の手段で融資をすることを言います。一昔前までは、個人の消費者に対してまともに融資を行ってくれる金融業者が存在していませんでしたので、サラリーマンのような個人にお金を貸してくれる業者としてサラ金が生まれたのです。合法的な手段でお金を貸していた大手の銀行グループは、当時消費者に対して少額融資を実施していませんでした。
(⇒現代の融資はサラリーマン以外でも使える?

しかし、当然ですがサラ金は非合法の手段によってお金を貸すことになりますので、それによって大きなトラブルが発生することが多々ありました。大きな問題を起こすこともありましたし、そのような状況で暗黙の了解としてお金を借りることに限界があったわけです。そのような経緯があって法改正が行われ、こうした業者は廃れていくようになりました。

そして、こうした非合法の手段によってお金を貸すことが出来なくなった後に登場したのが、カードローンを提供する消費者金融なのです。消費者金融の魅力は、合法的な手段で少額融資をしてくれる点にありました。銀行系のローンでは銀行法という法律が、銀行以外のローンでは貸金業法という法律が適用されることにより、どちらを利用しても安全にお金を借りることが出来るようになったのです。

このように、カードローンとサラ金は消費者に対する融資の歴史を見ていくとどう違うのかがすぐに理解できます。現在の少額融資のサービスを提供している業者は、消費者の需要が高まった結果登場した合法的な業者ですので、国内でこれほど安全にお金を借りることが出来る金融機関は他にはないと言っても過言ではないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.