付き合って3年の彼女の妊娠が発覚し、恥ずかしながらデキ婚という形で籍を入れることに。でもお互い全然貯金がなくて、新居の準備すらできていません。

引っ越し資金やもろもろかかるお金を借りてなんとか当面乗り切れないかと、いろいろ調べているんですが、カードローンとかフリーローンとかいろいろあってよくわかりません…。この2つはいったい何が違うのでしょうか?

限度額の範囲内であれば繰り返し借入ができるかどうかの違いです

カードローンとフリーローンはかなり紛らわしいのよね。でも決定的な違いがあるの。それは、繰り返しの借入ができるか、できないかっていうこと。カードローンっていうのは一度契約をすれば、その契約の限度額の範囲内であれば何度も借りて、返して、また借りて…ということができるわ。一方フリーローンはそれができない。一度契約の限度額をまとめて借りたら、あとはそれを返すだけなのよ。

こうして聞くと何度も借りられるカードローンのほうが便利そうに感じるわよね。確かに限度額の空きさえあれば、必要な時にすぐお金が引き出せるっていうのはすごく助かると思うわ。お金っていつ急に必要になるかわからないものだからね。(参考ページはこちら→いつでも使えるのがカードローンの強み

でも何度も借入ができるっていうのは、それだけお金を借りている期間が長くなりやすいっていうデメリットもあるの。本当なら自力で乗り切れる局面でもついつい借りてしまったりするかもしれないでしょう?何より返済に時間がかかるのが痛いわ。それだけ利息もたくさん支払わなきゃいけないわけだから。
(⇒カードローンの利息について知っておきたい事

そういうことを考えると、お金の用途と必要な金額がある程度明確なら、カードローンよりフリーローンのほうが最終的にはお得になる可能性が高いかもね。今回のあなたのケースなら、引っ越し資金だけと確実に言い切れるならフリーローンでもいいと思う。でも生活費などでまたお金を借りる必要があるかもっていうなら、カードローンのほうがおすすめね。どちらが自分の目的に合っているか、よく考えてみるといいわ。
(⇒借り方によっては金融業者もしっかり選ぼう

カードローンとフリーローンの違いについて

まず、カードローンとフリーローンに共通することは、借り入れたお金の使い道は自由であるということです。借り入れたお金を何に使っても良いのです。住宅ローンや教育ローンなどのように、あらかじめ使い道が決められており、それ以外に使ってはいけないというものではありません。その代わり金利は高くなりますので、使い道が決まっている場合は専用のローンを利用した方が良いでしょう。つまり、カードローンで借り入れたお金を大学の学費に使うということは金利の面でかなり損をしてしまうことになります。その場合や教育ローンを利用するようにしましょう。

では、カードローンとフリーローンの違いについてはどうでしょうか。カードローンは借り入れ枠の範囲内であればいつでも追加で借り入れが出来ます。借り入れ枠いっぱいに借りていたとしても、返済すれば返済した分また借りられるということになります。一方フリーローンは、最初に借り入れた額を全て返済し終わるまで新たな借り入れはできません。例えば30万借りたとしたら、15万返済したところでさらに15万借りるということはできません。まずは30万を返済する決まりになっています。名前はフリーとついていますが、使い道がフリーであるということであり追加の融資に関してはフリーではないので注意が必要です。(参考ページはこちら→用途自由な融資は何かと便利?

使い勝手としてみればカードローンに軍配があがるでしょう。しかし、とにかく早く完済してしまいたいという方にとってはフリーローンの方が向いていると言えます。また、使い勝手の善し悪しの分、金利にも違いが出てきます。金利が少々高くても使いたい時にいつでも借りられるようにしておきたという方もいるでしょう。金利だけでなく審査の面でもフリーローンは有利になることもあります。使い勝手に制限がある分、審査に通りやすいという傾向もあります。どちらにせよ、ライフスタイルや自分自身の性格に合った方を選ぶようにすれば良いのではないでしょうか。

【こちらも参考に】
カードローンとキャッシングも異なる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.