最近車が壊れてしまい、買い替える羽目に…。もうすぐ今度子どもが産まれるんですが、その出産費用として用意していたお金を予定外の車の購入に使うことになってしまいました。

仕方ないのでお金を借りようと思って、近所の銀行のパンフレットをもらってきたんです。でもフリーローンとかカードローンとかいろいろ書いてあって、よくわかりません。フリーローンとカードローンの違いって何ですか?
(⇒銀行融資が使われる理由

両者の一番の違いは繰り返し借入が可能かどうかという点です

フリーローンとカードローンの違いってパッと見ではなかなか分かりにくいわよね。この2つの融資サービスには明確な一番の違いがあるの。それは繰り返しの借入が可能かどうかという点よ。という一言ではよくわからないと思うから、ちょっと詳しく説明するわね。

カードローンの方はね、借入限度額っていうのが必ず契約時に設定されるの。これは文字通り最大で借入が可能な限度額っていう意味よ。だから必ずしも最初の借入時に限度額いっぱいの金額を借りる必要はないわ。例えば限度額が10万円でも、とりあえず3万円の借入…っていうこともできるの。そしてその限度額までの範囲内であれば、何度でも繰り返し借りては返し、返しては借り…っていうことが可能よ。

逆にフリーローンの方はそれができない。最初に借りられる金額をまとめて全額受け取って、あとはそれを返済していくだけというわけ。返した分、また借りられるとかそういうことにはならないわ。そんな感じだから、フリーローンとカードローンどっちがいい、悪いという話ではないのよね。目的に合わせて選ぶべきものよ。

例えば今回のあなたのケースなら、出産費用のみに借りたお金を使うつもりならフリーローンの方があっているでしょう。でももし今後も養育費なんかでお金をちょこちょこ借りたくなる可能性があるんだったら、カードローンがおすすめよ。どちらを利用するのが自分にとってベストか、よく考えて決めてね。

【参考ページ】
中でもお勧めの借り方とは?

フリーローンとカードローンの違いを見分ける4つのポイント

ライフステージが変わるごとに大きな買い物が必要になる場合があります。たとえば結婚をすれば2人の新居が欲しくなりますし、子どもが生まれれば自動車が必要となり、老後にはバリアフリー化するために住宅をリフォームをするケースがあります。

その際に手持ちの貯金が不足しているのであれば、銀行や消費者金融会社からお金を借りることになりますが住宅ローンやカーローンの審査は厳しく、何度申し込んでも希望金額の融資が認められないことがあります。そこでフリーローンもしくはカードローンを利用することになりますが、その違いをしっかり把握しておくことで有意義に活用できます

フリーローンとカードローンの違いを見分ける4つのポイントとして、まず一つ目は枠内での追加融資の可否についてです。カードローンであれば枠内で何度でも新たに借りられますが、フリーローンでは再び審査が必要となります。その分、きちんと完済を目指せるという利点はありますが、比較的自由度が高いのはカードローンです。二つ目としては資金用途なのですが、どちらも事業性資金を除けば自由というケースが多いです。ただし、フリーローンは生活資金としてお金を使用することが認められていないケースもあります。

三つ目は金利の差で、これも銀行や消費者金融会社の設定によって異なりますが、融資してもらう金額によって変わってきます。そのため担当者としっかり相談して、どちらに申し込むかを決める必要があります。四つ目は審査の難易度ですが、どちらも住宅ローンやカーローンなど資金用途が決まっているものよりは通過しやすくなっています。カードローンは一度審査を通過してしまえば、何度でも繰り返し融資を受けることが可能ですので、その点についてはメリットが多いと言えます。
(⇒融資の利息ってどうあって決まる?

このようにフリーローンもカードローンも利用者にとってはとても融通のきく便利なローンですので、返済の目処が立つのであれば有効に利用していくと良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.