ノンバンクの中でも銀行系カードローンや消費者金融、信販系カードローンがあるよね。それと銀行のカードローンってどっちがいいんだろうと思って。正直、申請もしていないしインターネットをみても広告をみても、どっちがいいのかどちらが審査が通りやすいのか分からんのよ。

オススメはノンバンク!

ノンバンクをオススメする理由。銀行では通りにくいかも。というのもショッピング目的のキャッシングやカードローンの融資ってあまり銀行では聞かないわね。キャッシングやローンを組みたい人は、すぐに金利の低さを各社比べて、銀行の低金利に気持ちが惹かれてしまうけど、実はここだけの話、銀行とノンバンクって住み分けしていると思うのよ。

銀行で審査が通るとしたら、意外にもローンの一本化だったりするの。これって考えてみると、消費者金融やそのほかの金融機関から相当借入している人達のことでしょ。車や家など借金がかなり高額だと思うわけ。

借入額が数十年に渡る場合に低金利融資が適用されると思わない?ノンバンクでのこれまでの返済履歴や能力をみて、完済までちゃんと付き合える相手なら「おまとめローン」を銀行は勧めてくれるはずだけど。低金利の融資がそう簡単にはじめから受けられるなんて考えないほうがいいわよ。

だって短期間のキャッシングしかしないお客さんでは、利息で利益が出ないんだもん。それに、完済した客の次の新規の顧客を探すって大変でしょ。銀行カードローンを考えるより、100万弱ならノンバンクね。利息はやや高いけれど。安定した仕事を持っているのなら。ちなみにノンバンクに「銀行系カードローン」ってあるの、注意して。銀行じゃないから。
(⇒どんな人が融資利用で好まれるのか?

【参考ページ】
みんな気になる銀行系融資の特徴について

カードローンは銀行と消費者金融どっちがいい?

カードローンは銀行と消費者金融どっちがいい?

銀行と消費者金融なら、銀行の方が金利が低いから、銀行の方がいいです。それで金利が低いからおまとめローンを借りる時も銀行から借りる方がお得です。ただ銀行のカードローンでも消費者金融並みの金利で貸す所が有りますから、必ずしも銀行が良いとは限りません。

そして審査の厳しさですが、前よりも厳しくなったとはいえ消費者金融はまだ甘い方です。そして銀行も前よりも甘くなったとはいえ、消費者金融よりも厳しいのは変わりなく、銀行と消費者金融とどちらが審査が通りやすいかと言えば、審査が通りやすい方は消費者金融です。

ただ消費者金融は、総量規制で貸し出しが他社との合計が年収の3分の1未満までに規制されているから、それ以上は貸せないことになっていて、逆に銀行は総量規制の対象外だから、制限なく借りることは可能です。だから銀行で借りられて消費者金融で借りられないということもあります。

他にも借りる側に評判のよくない在籍確認ですが、銀行は必ず有りで、消費者金融は在籍を確認できる書類を見せるだけで、在籍確認の電話をしないようになりました。それで会社に電話をして欲しくない人は消費者金融に借りるのがいいです。

そしてイメージ的に消費者金融は銀行の子会社になって、前よりはイメージが良くなっていますが、それでも銀行から借りているよりはイメージ的に負けています。銀行から借りているというのが、一種のステイタスですから、銀行相手ではどうしても消費者金融は勝てません。

カードローンを銀行と消費者金融のどっちかいいかと言えば、その人の都合で決まってきますから、優劣は人それぞれです。ただ銀行カードローンを借りたくても、審査で落とされて借りられない場合が有りますから、優劣を考える前に、どっちとも借りられる状態にして、改めてどちらのカードローンを利用した方がいいかを考えて、申し込みをした方がいいです。
(⇒借りやすさで特化した場合の融資の選び方

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.