カードローンとキャッシングどちらが便利か

キャッシングベスト3

私の友人たちには収入が少なく借入によって生活を繋いでいる人が何人もいます。多くの場合銀行や大手消費者金融のカードローンを利用しているようですが一人だけ自宅近くのいわゆる街金と呼ばれるような小さな店舗を構えている貸金業者のキャッシングを利用している人がいます。その人に話を聞いてみると、家の近くでお店の人も何度か利用するうちに知り合いになって融通が聞くのでこっちの方が便利だからと言っていました。
(⇒使うなら大手金融業者が推奨されるワケ

私はまだこういったローンを利用していないのですが、皆が結構優雅に生活しているところを見て、私もカードローンかキャッシングを借りてみようかと思うようになりました。そこでこれ等の友人たちに相談したところ大半はカードローンを勧めたのですが、小さいところにはそれなりに良さがあるとキャッシングを利用している友人が言うのも分かる気がします。そこでこの2つは何方が便利に使えるかで選びたいと思います。どちらが便利ですか。
(⇒会社によって変わるカードローンの良さ

便利さで言ったらカードローンに軍配が上がります

まずはっきりさせておかなければならないのはカードローンもキャッシングの一つです。ここではカードを使ってATMから利用できるものをカードローン、基本的に店舗に行って借りるものをキャッシングと言うことにします。振込の様に両者に共通した利用方法も有りますで、切り分けが難しいケースもあります。そこで何方が便利かという話になりますが、個人の利用方法でも差があることを前提に参考として説明していきます。

確かにお店の人が皆知り合いなら、街金も良いかも知れませんが、一般論として言えば、何処に行ってもATMさえあれば利用できるカードローンの方が便利と言って良いでしょう。またカードローンの良さは利用枠内であれば何度も借りたり返したりを繰り返せますのでその都度店の人に説明して借りなければならないというような煩わしさが有りません。したがって銀行や大手消費者金融の審査に通るのであれば、カードローンの方を勧めます。

また別の問題も有ります。街金と言う場合、貸金業者として大手消費消費者金融と一括りにする場合も有りますが、ごく小規模な経営ですのでいつの間にか消えてしまうことが有ったり、正規業者のところも有りますが、中には正規業者として登録されていない闇金と呼ばれる業者の可能性も有ります。そういう業者でも一見まともな店構えですから外見上で見分けがつきません。もし小規模業者を利用するような場合には金融庁のホームページなどで正規業者であることを確認してください。

さらに金利においても一般的には銀行が最も低く、次が大手消費者金融、更にその次が中小零細の消費者金融と言うことになりますので、例外も有りますが、小規模業者から借りると言うのはあまり有利な話ではありません。したがってあなたが特に収入や信用情報に問題が無いのであればカードローンの方を選んだ方が無難だと考えられます。ただしカードローンも返済に行き詰ると問題になりますから、借り過ぎないように注意してください。

カードローンとキャッシングではどちらがおすすめ?

カードローンとキャッシングの違いは、カードローンは大口融資の分割返済、キャッシングは小口融資の一括返済というようなイメージが強いものですが、最近ではその違いは曖昧になってきました。その大きな理由としては、キャッシングでも分割で返済できるというサービスを打ち出しているカード会社が増えてきたところにあるでしょう。カード会社の中にはサービスを分けていないところもあるほどです。基本的には借り入れたお金を返済するということに変わりはないので、サービス名を分けることで分かりにくくなってしまうのであれば、統一してくれた方が利用者としても有り難いというところでしょう。

しかし、明確にサービス内容を分けているカード会社もあります。その場合は、どちらを使っても同じということはないことがほとんどです。分けているということは内容も違うということになります。使い方によって適した方があるということになります。一般的にはカードローンの方が金利が低いと言われています。キャッシングは小額の借り入れで一括返済であるため、ビジネス視点で考えた場合は金利を高く設定しておくのは当然とも言えるでしょう。

サービス内容が分かれている場合、それぞれに利用する条件がついていることもあります。借り入れしたい金額、返済できる額を計算してみて、どちらが合っているか見比べてみると良いでしょう。給料日前に一時的に生活費が必要になった場合はキャッシング、まとまったお金が必要なった場合はカードローンの方が適していると一般的には言えるでしょう。

しかし、小額からカードローンが使える場合は、カード会社によっては金利が低くてお得になる場合もあります。なんとなく言葉のイメージから気軽な方を使いがちになってしまうものですが、言葉の印象よりもそれぞれの金利やサービス内容をきちんと見比べて、どちらがお得に使えるかどうかということを判断できるようにするのが賢い利用法と言えるでしょう。
(⇒カードローン会社の特徴からしっかりと借り入れ先は選ぼう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.