キャッシングと銀行カードローン審査違う?

キャッシングベスト3

脱フリーターのため、最近転職活動を始めたんです。でもやってみると意外とお金がかかるし、バイトも減らさなきゃいけなくて早くも資金が厳しく…。お金を借りれないかって考えるようになりました。

それで今迷ってるのが、消費者金融のキャッシングか、銀行カードローンかっていうことなんです。フリーターなので審査がやっぱり不安なんですけど、この2つって審査の厳しさに違いはあるんでしょうか?(参考ページはこちら→仕事によってカードローン審査は変わる?

銀行カードローンのほうが審査が厳しい傾向があると言えます

一般的には、消費者金融のキャッシングよりも銀行カードローンの方が審査が厳しい傾向にあるとされているわ。やっぱり母体が銀行なだけあって、少なからずお堅いところがあるっていうわけ。ただしあくまで傾向であって、銀行はどこも審査が厳しくて、消費者金融は絶対に審査が甘い…というわけではないけどね。

特に最近では、キャッシングと銀行カードローンの差は審査の厳しさに限らず縮まってきていると言えるわ。だから消費者金融か銀行カードローンか、というカテゴリにかかわらず業者によって審査の厳しさは違うというのが正解ね。例えばあなたが心配しているフリーターっていう条件だけど、一昔前なら銀行カードローンはもちろん、消費者金融のキャッシングでも利用できないってことはあったのよ。

でも今は違う。キャッシングでも銀行カードローンでも、フリーターやパート、派遣社員といった非正規雇用者でも、収入とか過去の借入歴とかに問題がなければすんなり借入ができることがほとんど。むしろ法律的な制限を考えると、銀行カードローンの方が収入のない専業主婦なんかでも融資が可能だったりして、融通が利くところもあるのよ。

そんな感じだから、銀行カードローンでもあまり気にせず積極的に候補に入れていっていいと思うわ。ネットの口コミサイトなんかを見ると審査の厳しさに関する情報が手に入ることがあるから、そういうのを活用するのもおすすめね。
(⇒今や銀行は借りやすい?

キャッシングとカードローンの審査違いを知ろう

キャッシングやカードローンは手軽に申し込みができ、その用途も自由となっています。そして、こうした借入を利用するにも、まずは審査を受ける必要がありますので、その内容についても知っておきましょう。

キャッシングとカードローンはどのように違うのかということとなりますが、以前は一括で返済するのがキャッシング、分割で支払っていくのがカードローンというように分けられていましたが、今はその明確な違いはなくなってきています。どちらも同じような使い方ができ、担保や保証人を用意する必要はありません。

そして、カードローンも消費者金融が提供しているものと、銀行が提供しているサービスがあります。利用方法や申し込み方法も同じように行われていますが、消費者金融は総量規制の対象であること、銀行は総量規制の対象外という大きな違いがあります。

それゆえに審査違いでは、まず消費者金融の場合は総量規制がありますので、年収の3分の1を超える借入はできませんし、まったく収入のない方の場合は利用することはできません。そして、借り入れ金額によっては収入を証明できる書類が必要ですが、消費者金融の場合は、50万円以上の借り入れ、もしくは他社と合わせて100万円以上の借り入れとなると収入を証明できる書類が必要です。銀行の場合は、100万円以上の場合は収入証明書が必要なこともありますが、200万円、300万円までは必要ないというところもあります。

消費者金融とカードローンの審査違いでは、銀行の審査のほうがより厳しいとも言われていますが、これも業者によって審査基準が違いますので、一概にどちらがゆるい、厳しいとは言えないものがあります。いずれの場合も、現在の収入、勤務状況、他社借り入れ件数などがチェックされ、在籍確認が行われることもほとんどです。さらに過去の借り入れでトラブルがないかなども確認され、問題がなければ融資が開始されることとなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.