友人がカードローンを有効活用して貯金したり買い物をしたり上手にお金をやりくりしています。カードローンは消費者金融での借金と言うイメージがあったので、敬遠していたのですが、フリーターでお金もなく、友人のようにうまく活用してやりくりできるならカードローンを利用したいと考えています。カードローンの賢い借り方を教えて下さい。
(⇒カードローンは消費者金融のみなのか?

分割して借りるのは?カードローンの賢い借り方教えて

最近は年収が1000万円ある人でもカードローンで借り入れをしているという話もあります。お金がなくて借金まみれという人もいてイメージがよくないかもしれませんが、うまく活用している人が多いのも確かです。
(⇒実は収入が多い方がカードローンも便利に?

カードローンはキャッシングといって、ATMなどでカードを使ってお金を引き出して借りることが可能です。まとまったお金を一気に借りるというのも一つですが、自分の口座から引き出すように、必要な時に必要な金額だけを借り入れてすぐに返済するという利用法があります。

借り入れで忘れてはいけないことは金利がかかるという点。当たり前なのですが、このことに気づいてない方が多いようです。金利は少額借り入れの時は高く、高額借り入れの時は低いですが、どっちにしても借りたお金に上乗せして返さないといけないですよね。

まとまったお金を借りると分割やリボ払いで返済をします。そうなるとどうしても長期にわたって返済しなければならないのでその分金利も支払うわけで、金利だけでも結構な金額になることもあります。

それを、必要な時に必要な額だけ少額に抑え、すぐに返済すれば金利もほとんど支払わずに済むので本当に手持ちがない場合の穴埋めができます。会社によっては一定期間は無利子というキャンペーンを行っているところもあるので、そんな時に借りるのもいいですね。

私としては高額を借りて長期返済をするのではなく、少額を借りてはすぐ返済するという利用をするのが賢い利用の仕方あと思います。

カードローンやキャッシングで分割して借りるという賢い借り方

急にまとまったお金が必要になったり、給料日前の出費が重なりピンチというご経験がある方は多いでしょう。そんなことにならないように、普段から貯金をしておくのがベストですが、なかなかそう上手くもいきません。いつもならこれくらいのお金はすぐに用意できるのに、よりによってこんな時にお金が必要になるなんてアンラッキーというケースもあるでしょう。そんな時におすすめの方法があります。それはカードローンやキャッシングです。

どちらも何となく同じというイメージの方が多いでしょうが、両者の違いはなんでしょうか。簡単に言うとカードローンは、使途無制限、リボ払い、無担保の金融商品で、キャッシングは使途無制限、翌月一括返済、無担保の金融商品を指します。つまり両者の差は支払方法となります。前者はリボ払いなので、分割して返済していくのに対して、後者は翌月一括返済が基本です。ただ、キャッシングではリボ払いを採用している商品もあるので、両者の明確な違いはなくなってきているとも言えます。

この2つの金融商品の特徴を最大限生かす賢い借り方があります。それは分割して借りるという方法です。特にキャッシングは基本的に借りた分は翌月に利息とともに全て返さなければならないので、いきなり大金を借りてしまうと翌月に返済できないという危険性が高いのです。そうなって返済が滞ると信頼を失いブラックリストにのってしまう危険性があります。それを防ぐには、分割して借りるという手法をとればいいのです。少しずつ借りれば、返済が滞る心配もなくスムーズに行え、実績を作り、信頼性を高めることもできます。そうなると上限金額も高くなる可能性もあるのです。
(⇒場合によっては一括返済も役立てよう

いきなり大金が必要になった場合に分割して借りるという方法は適応できませんが、そうでなくて当面の生活費であるとか、支払に猶予がある場合なら、分割して借りるという方法は非常に有効であって、賢い借り方と言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.