カードローンとキャッシング両方使っているんだけど、使いすぎてきヤバイののはどっち?

どっちも使いすぎたら、首が回らなくなるわよ

キャッシングで言えば月の限度額以上使うとカードが一時的に利用停止になってしまうことも。それにリボ払いを選択するとどんなに高い商品を購入しても、月々一定の低額で支払いできるのでこれがメリット。けれど怖いのは高い商品を月の利用限度額内いっぱいで買った場合、リボ払いだと高い商品を買ったという意識があまりないため、いつまでも完済しないわね。(参考ページはこちら→リボ払いの危険な側面も知っておこう

どちらも前借りでしょ。結局。これってさ、「欲しい」に応えのはいいけど「返済する」ってことを後回しにしているよね。自分の収入に見合わない買い物が状態化するのも仕方ないかなと思うんだけど。返済を意識しなきゃね。

カードローンでも、複数の会社から借入に奔走して、あっと言う間に500万近くの借金をする人も過去にはいたりして。カードローンって車や家など大きな買い物もできちゃうし、事業主のカードローンもあって収入が安定しているときは、大きな借金をしても返せる見込みも立てられるし金利も低いからいいけど、収入や収益が落ち込むと返済がだんだん苦しくなってしまう。

カードローンもキャッシングも返済が可能かどうか逆算して借入しなきゃダメよ。しかも金利もよく考えてね。金利も変動やら固定やらよく住宅ローンでみるけれど、高額なお金を扱うときは情勢も良くしらなきゃ、知らなかったでは返済に振り回されるだけ。どっちも使い方によっては大きくメリットを引き出せるし、注意散漫だとデメリットが極端に生活に響いてくるから、使い方と知識次第ね。
(⇒利息の計算をきっちりして返済できるかどうか確認を!

カードローンとキャッシング、危険なのはどちら

現代社会に生きる人々にとって必要な物には、お金という物があります。人間の身体には血液の流れが必要不可欠ですが、お金という物も同じように、社会全体の血液として例えられています。ということは、お金の流れが滞りなく動き回るということで、社会全体の景気の良し悪しが決まってしまうといっても過言ではありません。

この非常に重要なお金ですが、現代人はお金を何らかの形で得ることで、生活をしています。お金を得る手段はさまざまで、何か事業を興してお金を得たり、従業員として会社に雇われることで給与という形でお金を得るといったことなどが挙げられます。しかし時には、お金を得る手段があっても、必要な時にお金が無いといった場合に遭遇するということもあり得ます。そういった時には、どうしたら良いのでしょうか。

そんな時には、「カードローン」や「キャッシング」でお金を借りるということができます。このように、どうしてもお金が必要な場合に、一時的にお金を借りるという便利な手段があるのです。しかし、この便利な手段も、きちんと計画的に利用しなければ良からぬ事態に陥ってしまうこともあるので、注意が必要です。では、カードローンとキャッシングとでは危険なのはどちらなのでしょうか。

まず、カードローンとキャッシングの違いについて把握をしましょう。カードローンは、銀行や消費者金融会社などの金融機関からお金を借り、借り入れ額に利子を加えた金額を「分割して」返済するものです。一方で、キャッシングとは、金融機関から借りた額のお金に利子を加えて返済するまでは同じですが、「一括して」返済するという違いがあります。
(⇒お金を借りるならどんな業者があるの?

したがって、利用者の用途の違いによって相応しいお金の借り方をする必要があります。例えば、借り入れ金の額が大きいならば分割返済のカードローン、小額なのであれば一括返済のキャッシングと、それぞれの用途に合った利用の仕方が必要です。ですから、用途に合った利用の仕方をしないと、必要以上の利子を払ったり、返済が難しくなったりする可能性があります。そういったことを考えると、どちらも危険であるという言い方もできるのかもしれません。しかし、適切に利用すれば、どちらもとても便利なものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.