下限金利の安いカードローン会社の特徴とは

キャッシングベスト3

私は今までカードローンに興味がなかったのですが、カードローン会社のイメージもよくなり金利も安くなっているようなので利用しようかと思っています。

どのような事業者が金利の安いカードローンを提供しているのでしょうか。また、それらの事業者の金利面での特徴とはどのようなものでしょうか。(参考ページはこちら→様々な金融業者の特徴と比較

下限金利ではネットバンク系、上限金利では大手都市銀行が安い!

カードローン業界の競争はますます厳しくなっていますが、金利面の競争も一段と激しくなり下限金利だけでなく上限金利もどんどん低下しています。この安い金利を提供しているカードローンでは、金融機関や大手消費者金融の4%台の競争、ネットバンクや信販系銀行の3%台といった下限金利の競争、大手都市銀行などが提示する14%台の上限金利の競争、などの特徴があります。
(⇒特に金利が安い業者と言えば?

異業種から金融市場への参入が進む中カードローン業界も異業種の参入が進み競争が激しくなっています。大手都市銀行が消費者金融を自社のグループに吸収して本格的な進出を果たしており、地方銀行や信用金庫なども貸金事業の強化を進めています。また、流通系のネットバンクなど金融事業の拡大のためローン利用者の取り込みも積極的に行っています。

このような多様な金融会社がカードローン事業に参入したことにより同業界でかつてない激しい競争が進んでおり、特に金利面での競争が著しいといえるでしょう。大手消費者金融では4%台から18%以下の貸付金利を提示しています。融資限度額は500万円までが多く借入額が多いほど下限金利が適用され、少ないほど上限金利が適用されるようになっています。

この金利面の具体的な特徴としては、初回の利用者などでは100万円未満の限度額に対して15~18%の金利が設定されることが多いことが一つ挙げられます。また、ネットバンクや信販系銀行の金利は各行でばらつきがありますが、3%台から18%台の設定が多く下限金利では大手消費者金融などよりも若干安い傾向が見られます。

ただし、それらの融資限度額が消費者金融より多く設定されているためその分安い金利が設定されている場合もあるようです。また、100万円未満の限度額に対して14%未満の低金利を設定している機関も見られます。

大手都市銀行では4%台から14%台の金利設定が多くなっています。融資限度額は最高500万円~800万円ほどとばらつきがありますが、各融資限度額の範囲に応じた貸付金利には大きな差がないといえそうです。例えば10万円以上100万円未満の領域では14%台、400万円以上500万円未満では5%台といった金利で提供されているのです。

各事業者の貸付金利の表示の仕方はさまざまですが、一般的には○○%~△△%のような表示になっているので、その数値の低さに注目が集まります。しかし、実際の適用金利は融資限度額との対応で決まるため、見かけの数値だけで判断することは不適切です。利用者が最も借入れする金額の範囲で何%になるのか、それが他の事業者と比べて安いのか、という点も確認して判断するのが適切といえるのではないでしょうか。

カードローンを利用する時の安い金利の業者

カードローンを利用する時の安い金利の消費者金融業者を探す事はとても良い事で、そうした所をインターネットなどで探す事が出来たのであれば、同じ借り入れ金額に対しても返済額がとても有利に返す事が出来ます。同じ金額を借入して返済額が違ってきているのであれば、そうした消費者金融業者を探す事はとても大切な事となります。

これから沢山の消費者金融業者や銀行などのカードローンが取り扱われていて、少しでも安い金利の所を探す事はとても良い事で、これらを利用する事によって返済する金額などが少なくなるのであれば、あえて現代借入を行っている所に全額返済して新たな業者でのローンを借り換えする必要もあります。

この様な状況を上手く利用する事によってしっかりと安い所のカードローンを見つけ出して利用する事がとても良い事だと感じます。しかしこう言った業者を見つける事もやはり、インターネットなどの口コミを重視していきながら行う必要性があり、借り入れに関して安定的な所で、しっかりと知名度がある所が求められます。中には闇金融業者と言われる所があったりして、法定利息以上の利息を請求したりする事もあります。

テレビコマーシャルや広告などでも特に有名な所は、キャンペーンなどを使って安くお金を借りる事が出来たりするので、安いカードローンを利用しようと考えているのであれば、そう言った所での借り入れの考慮する事が必要かと感じます。当然の事ながらこれからの生活においても特に必要な事は多いかと感じますが、安定している企業での借り入れは必須となり借入を行う方としてもしっかりとした返済プランを立てる事が必要とされます。
(⇒安全な金融業者は大手にあり

そう言った条件面でお互いが借入を行う時にカードローンなどの金利の安い消費者金融業者などからの借り入れが出来たのであれば、後はしっかりと借り入れた分に対する元本と利息の返済を行う事となります。そう言った条件を守りながら取り引きが出来るのであればとても良い事となります。
(⇒利息はしっかりと計算してから融資を受けよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.