消費者金融の借金を踏み倒すデメリットは?

キャッシングベスト3

Q.フリーター生活から脱出したくて、思い切ってキャッシングで資金を借りて就活を始めました。でも不景気の世の中、なかなか雇ってくれるところが見つからず、借りたお金は無駄に減っていくばかり…。そうこうしているうちに返済日が近づいてきました。当然支払いなんてできそうもありません。ホントはいけないことだけど、もう正直踏み倒すしかないかとも考えてます。それで聞きたいんですが、借金を踏み倒した場合のデメリットって具体的にはどんなことがあるんでしょうか?

A.借金を踏み倒すことのデメリットねぇ…それを説明する前に、そもそもあなた、借金を踏み倒すってどういうことかわかってる?

法律の話をすればね、借金にも5年っていう時効があるの。でもそれって単純に5年過ぎれば借金を返さなくてよくなるってわけじゃない。時効が適用されるまでの条件はかなり厳しいし、最終的に時効を成立まで持っていくためには、業者に『もう借金を返すつもりはありません』って通達を自分でしなきゃいけないの。逆にこの時効を成立させるという方法をとらない限り、いつまでたっても借金の踏み倒しに本当に成功したとは言えないわ。

そして借金を踏み倒した場合の一番のデメリット、それは社会的に信用を失うということに他ならない。キャッシングでお金を借りたり、それからクレジットカードを作ったり…そういう行為って全てその人の信用があるから成り立つ契約なの。この信用っていうのは心情的なものではなくて、きちんと専門の調査機関によって管理されている信用情報に基づくものよ。

そしてもしも借金を踏み倒したりと言った信用に悖る行為があれば、それは事故として信用情報上に記録が残ってしまう。いわば信用に関する前科があるということになるのね。これがいわゆるブラックという状態なの。一度ブラックになってしまうと、数年、長ければ10年近くその情報は残って、効力を持ち続ける。その間は新しくお金を借りたり、クレジットカードを作ったりすることは当然できないわ。

借金を踏み倒すなんて簡単に言うけど、それがいかにリスクのある、デメリットの大きいことかわかってもらえたかしら?どうしても返済ができそうもないなら、一度キャッシング会社に相談してみなさい。借金を返さなくてイイとは絶対にならないけど、分割返済の月々の支払額を減らすとか、返済日を遅らせるとか、何らかの対応をとってくれることもあるみたいよ。

消費者金融で踏み倒しをした後のデメリットを教えて下さい

なんだか消費者金融の踏み倒しに関する話が口コミで出ていたんですけれども、どうしてこんなに簡単に口コミで踏み倒しについて多くの人が語っているのかなと疑問に思いました。おそらくデメリットが少ないからということなのかもしれませんが、私にはデメリットが多いように思います。

今、有名業者などから借入をした消費者金融のお金を踏み倒した場合、どういうデメリットが有るのでしょうか。具体的な例があれば教えて下さい。

消費者金融の踏み倒しデメリットは日陰ぐらしになること

色々なデメリットがある消費者金融の踏み倒しですけれども、簡単にいえばデメリットは日陰ぐらしになってしまうということでしょう。これ一言で片付けられても意味がわからないという人もいるでしょう。これはいわば日の当たる場所に出られないということです。つまりまともな生活ができなくなるのです。

例えば最悪のケースでは借り入れができないというだけではなく、詐欺で捕まってしまうということもあります。いわば最初から返す気がないのに借入をしたということで、詐欺扱いされてしまうということです。これはかなり厳しいケースではありますがこういうことも踏み倒しをするとありえるのです。

一般的なケースで言えばいくつかのデメリットがあるのですが、まずは消費者金融や銀行系カードローン、クレジットカードなどが使えなくなります。借入に関する事はまずできませんから、大きなものを分割ローンで購入するというようなこともできません。クレジットカードのショッピングも使えないのは痛いでしょう。

また取り立てや裁判に追われることになります。取り立てで怖い人達がやってくるということはありませんが、弁護士がやってきたりすることもあります。裁判所からの通知はかなり頻繁に送られてきますし、出席しなければそれだけで負けのようなことが書かれたりします。そして口座を凍結されたりするので、お金を自由に使えなくなることもよくあることです。

このようにマイナス面ばかりが目立つのは当然のことですから、踏み倒しをして消費者金融の返済をしないと考えている人は考えなおしたほうがいいんじゃないかと私も同意します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.