Q.不景気のせいで急に給料が下がって、生活が苦しくなったんでキャッシングで借入をしました。また給料が戻るまでしのげればいいかなって軽く考えてたんだけど、それどころかアテにしてたボーナスまでカットされて、とても返済ができそうにありません。もういっそ返済したくないとさえ思ってしまうんですが、業者が取り立てに来たり、訴えられたりするんじゃないかという不安もあります。実際問題、合法的に借金を踏み倒すなんてことできるんでしょうか?

A.一応ね、借金にも時効ってものがあるにはあるの。でもねぇ、あんまりラクな道じゃないわよ。せっかくだから、きちんと説明しときましょうかね。借金の時効は5年間。ただし、その成立のためには2つの条件があるの。
1つ目は、その5年間の間、貸したキャッシング会社側も借りたあなたも、借金に対する行動を一切しないこと。つまりあなたは借金を踏み倒そうと決めたなら1円たりとも返済をしてはいけないし、借金があることすら認めてはいけないの。

その上で、キャッシング会社側が法律的に返済を督促する手段、たとえば訴訟とか給料の差し押さえとか…そういったことを一切しないままに5年の経過を待つ必要がある。どちらかがそういう何らかの行動を起こしたら、その瞬間からまた5年間を数え直さなければならなくなるわ。でも常識的に考えて、借金を返済しないのに業者が黙っていることは考えられないでしょう?家や職場に直接的に取り立てに来るってことは法律違反だからまずないけど、訴訟とかの可能性は十分にあるでしょうね。

そしてもし無事に5年間をやり過ごすことができても、それで時効成立じゃないの。時効を成立させ、効力を持たせるためには『時効の援用』という手続きをしなければならないのよ。つまり、キャッシング会社に対して『もう借金を返済しません』って宣言すること。でもこれってけっこうリスクがあるわ。もし自分では時効が成立する要件を満たしていると思っても、実はそうでなかった場合、この援用手続きを行うことによって借金の存在を認めることになる。そしてらもうわかるでしょう?また1からやり直しよ。

時効を迎えて借金を合法的に踏み倒すっていうのがいかに難しいことか、わかってもらえたかな?それでもどうしてもって思うんだったら、一度専門家に相談して見ることをおすすめするわ。

借金踏み倒すと公言している友達の行動は正しいか

友達が今の借金踏み倒すと少しずつ話し始めました。周りとしてはそういうことはしてはいけないと止めてはいるんですけれども、友人は今借金踏み倒す方が有利じゃないかと言っています。それを聞いているとなんだかそっちのほうがいいんじゃないかなぁと私も思い始めました。

実際借りたものは返すというのが原則で、それは間違いないと思うんですけれども、借金踏み倒すという行動は正しいんでしょうか、間違っているんでしょうか。判断がつかなくなってきました。

借りたものはちゃんと返しましょう、それが一番得をする

借金踏み倒すという行動が正しいかどうかですが、借りたものはちゃんと返すというのは当然のことですから、返済をするほうが結局は得をすることになります。友人がどういうことを言っているのかはわかりませんが、返済をしないで借金踏み倒すというのは特をすることは少ないのが現状です。実際に返済しなかった人たちの例というのをご存じないでしょうか。

例えばですが返済しなかった人の一人はその後ずっと色々なところを逃げまわっています。一つのところに住んでしまうと、そこに差し押さえが来たりする可能性があるということで、色々なところ引っ越しています。結果的に引越し先もなくなってきたので、ネットカフェや野宿などを併用して生活しているのです。これはいい生活だとは決して言えないのではないでしょうか。

またある人はネットショッピングがすごい好きだったんですけれども、ネットショッピングがやりづらくなったと言っていました。今はネットで何でも物を買ったりすることができる時代ですが、クレジットカードが使えないためにネットで買物がしにくいと言っていました。結局ブラックの状態では生活するのも、支払いがほんとうに大変になるという実例です。

これらはほんの少しの例でしかありませんが、こういうものを見てもまだ借金踏み倒すという行動が正しいと思うのでしょうか。友人がずっとそう思うのであれば仕方ありませんが、どう考えても世間一般ではこういうのは犯罪行為に近く、損だと考えるのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.