Q.会社をリストラされ、なんとか再就職したもののかなり収入が下がってしまいました。1人者なので誰に迷惑をかけるわけでもないのですが、とにかく生活が苦しいんです。あまりにお金がなくて、借金をすることを真剣に考えてるんですが、審査があるというのが気になります。消費者金融などの審査ってこんな貧乏でも通るんでしょうか?

A.消費者金融の審査が貧乏でも通るか…って言われたら、通らないとは言わないわよ。それを説明するためには、まず審査における2つのポイントを説明する必要があるわね。

まず1つは、生活的に返済ができる状況かということ。申し込みの時に、収入だけじゃなくて仕事や家族、住居に関することなどいろいろ聞かれるのは、複数の条件から相対的に見て返済能力を判断するためなの。だから、収入が低いから、っていうそれだけが理由で審査に落ちることって意外と無いようね。

もう1つは信用情報よ。これってつまり、過去の借入履歴のことなんだけど、例えば債務整理とか返済の著しい遅れみたいな、消費者金融から見て問題とされる行為があると、一気に印象は悪くなるわね。ブラックとみなされて、なかなか審査には通らなくなるわ。

という訳で、生活状況と信用情報、この2点さえ問題がなければ、審査にとって借入ができる可能性は十分にあるでしょうね。ただし、収入が低ければそれだけ借入できる金額も低くなるのは仕方ないけど。

それからね、生活が苦しいっていうあなたにこれだけは忠告しておきたいんだけど、借りれる金額が返せる金額だとは思わないことよ。消費者金融側が設定する借入限度額っていうのはね、あくまでその条件で借入できる最大の金額なの。だから、自分自身でしっかり計画を立てて、返せるかどうかを考えて借入をしないと、けっこう大変な思いをすることになるわよ。

あと、審査の基準って業者が変われば違うものだから、業者選びも大事よ。特にあなたみたいな自分の条件に自信がない人は、事前に借りやすそうな消費者金融をよく調べとくのがおすすめ。ネットの口コミサイトとか、けっこう参考になるかもね。

今は生活が苦しいから借金をしてもいいでしょうか…

私の会社では給料がかなり減らされてしまって、正直貯金どころかそれを切り崩していかないとダメではないかというくらいになってしまいました。今後1年後くらいには給料を戻せるようにすると入っていますが、生活が苦しいのは間違いありません。

生活が苦しい間は借金をして乗り切るということも考えていますが、借金を生活が苦しいからといって行うのはダメなことでしょうか。そろそろ本気で苦しくなってきたので考えています。

借金は生活が苦しくなってきた時の一時的な助け舟になる!

給料を減らされて生活が苦しいというのは大変だと思いますが、そういう時にこそ借金というのは重要であり、助け舟になってくれるのです。いろいろな人が借金をうまく使うことによって、生活を楽にすることが出来たという例は少なくありません。もちろん使い過ぎはよくありませんが、計画的に使えば生活を維持することができるのです。

これはある人の例ですが、企業が倒産しそうなくらいまで傾いてしまったそうです。そこからは借金をしなければならなくなりました。給料は出ないし、遅れてでても少ないしという状況だったからです。しかしその人は借金をしながら数ヶ月間の間、耐え忍んだのです。そうすると会社は業績を回復し始めて、徐々に給料もちゃんと出すようになり、遅れないようになっていきました。

結果的に借金も問題なく返済することが出来ましたし、その人は今や会社では重役クラスになっているくらいです。このように、借金をして一時的な苦しい時期を乗り切ることによって、生活が苦しい状態を何とか克服することが出来た人たちというのは、少なからず存在しているのです。ですから、借金をするということは生活が苦しいならば当分の間のことだといえるでしょう。

こういうことは借金をしたことがない人にはわかりませんし、そういう人はかなり恵まれてきているということが言えます。今までそういうことがなかったのでしょうが、これからの時代は誰もが苦しい生活を強いられることになる可能性があります。であれば、借金をうまく使えるようになる方がいいのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.