カードローンで借り入れしようと思って色々な会社のサイトを見ています。簡単診断みたいなのをやっているところがあるんですが、あれってやると審査に有利なんでしょうか?

どれくらい情報を書き込まなければならないのか、知らなうちに借り入れしていたりしたらどうしようと不安で試してみることができないんですが、事前に借り入れができるかどうかがわかるのであればやってみたいとは思っています。知っている方がおられたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

まずはお試し審査が必要?カードローンの簡単審査

勝手に借り入れになったりしないですから大丈夫ですよ。基本的に年収と他社からの借り入れがあるどうかなどの最低限の情報を書き込むだけで個人情報を書き込むものではありませんし、消費者金融の場合は総量規制の問題で年収の3分の1までしか借り入れができないので、年収と他社からの借り入れから推定して年収の3分の1に達しているかどうかという観点から借り入れ可能かどうかが診断されるものもあります。

基本的には「3秒診断」や「10秒審査」と書かれているものは本当に目安程度でしかありません。本審査に影響もありません。なので、簡単診断で借り入れ可能と出ても本審査で落ちることもあります。ただ、モビットの「10秒審査」については事前審査で本審査に繋がっているものですね。軽い気持ちでやるとそのまま本審査に繋がっていくので気を付けて下さい。

サービス申し込み前に上手く活用すべきカードローンのお試し審査

カードローンの申し込みで審査に通過できるかどうか心配な方は、事前にお試し審査を受けて、融資が受けられるかどうかを確認しておく事も有効な手段です。この仮審査では、一括で複数のサービスの融資の可否を審査してもらえるものもあり、融資限度額や利率などの融資条件も提示されるので、サービスを選ぶ際に非常に便利なものとなっています。
(⇒融資利率から返済額を計算しよう

そのため、予め個々に適用される融資条件を知りたい方や、審査に落ちたくない方などは、本審査に申し込みをする前に仮審査を受ける事が効果的な方法となるのです。このサービスの利点としては、匿名で審査を受けられるというポイントもあり、個人信用情報機関に審査を受けたという記録が残ることも無く、安心して審査を受ける事ができます。
(⇒何故審査に落ちてしまうかについても把握しよう

そして、この仮審査は、簡単な項目を入力するだけで融資可能かどうか判断してくれるサービスです。この判定は数分程度で融資の可否が分かるものです。このお試し審査で必要となる項目は、基本的な個人情報であるメールアドレスや、生年月日、勤務形態、勤続年数、他社からの借入件数、年収などです。これらの基本的な個人情報だけで審査の合否を判定するものであるために、本審査後の融資条件は正確なものではありませんが、この仮審査に通過する事ができれば融資が受けられる確率は非常に高くなります。この申し込みの記録は、個人信用情報に履歴として掲載されることはありませんので、複数回の利用でも問題が無く、融資の可否を把握する為には有効な手段となっています。
(⇒信用情報の管理について

一般的に、カードローンの利用は借入希望額が一定の金額以下の場合は、定職に就いていて、借入件数がない事で、審査に落ちる確率は非常に低くなります。そのため、初めてのカードローンの申し込みで、過度な恐怖心を抱く必要はありませんが、審査に不安がある方の場合は、事前にこの仮審査を受け、確証を得てから本審査に申し込みを行う事が理想的な申し込み方法となるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.