今、本当に現金が必要で複数のカードローンを組まないとマズイって。もーこれじゃ生活が厳しい!これまで3箇所から借入していて、返済しなきゃいけないんだけど、おかげで収入だけでは全く足りなくなったのよ。これから追加で5箇所に申請しようと思っているんだけど。

ちょっと!借りすぎよ、少し考え直して

カードローンを3箇所も借りたんなら十分じゃない。これって消費者金融でしょ!モーすっごい金利が半端ないよね!すべて合わせて返済総額いくらなのよ!元金だけでも150万ぐらいありそうね。返済は月々4万弱かしら。これじゃ家賃も払えないし生活費や携帯代なんて払えないでしょ!

かなり厳しいワ!もしかして車のローンも組んでいるの!?まさかショッピングでキャッシングにも手をつけているわよね。そんな調子じゃ。仕事なんか集中してやってらんないわね。でもよ~く話を聞くと、返済は延滞していないみたい。

それなら、公式のホームページや会員メールから「おまとめローン」なんて話はなかった?もしそのような案内がなければ、銀行のローンの一本化を考えるのが良さそうね。低金利だし、これだけ頑張って返済しているのなら審査が通るかもしれません。本当ならば収入と生活とのバランスを考えて借入なきゃいけないけど、しょうがいない。

収入の範囲内で生活できるのに、これだけ無駄遣いをしたんだから当分反省よね。カードローンを新規で別のカードローンを組んじゃうと初回なんて金利が高いに決まっているでしょ。消費者金融って生活に超最悪に逼迫していると、融資を止められちゃうわよ。

【参考ページ】
このまま返済ができない場合に起こる事

カードローンを複数申し込むことのメリット・デメリット

カードローンは複数申し込むことが可能です。普段借りているところとは違う会社を利用することはもちろん、一度に複数申し込む人も大勢いらっしゃいます。これはカードローンの審査に落ちる可能性がある場合に非常に有効な集団です。消費者金融はまだしも、銀行の場合だと借り入れまでに1週間以上待たされる場合も珍しくありません。これらの不足な事態に備えて複数の会社にあらかじめ申し込んでおいて保険をかけるのです。
(⇒銀行と消費者金融ってそんなに違うの?

しかし当然ながらデメリットもあります。ローンを一度でも利用した人は情報機関にローン使用に関係するデータが登録されます。この情報機関は各銀行、金融機関どれからでも閲覧することができるため複数申し込みしたことがデータとして残ります。このためあまりにも度が過ぎた複数申し込みをした場合だと個人の信用に大きな傷をつけることにもなりかねません。これらの記録を残したまま新たなローンを申し込む場合、審査を担当するスタッフに決していい印象を与えません。

また、情報機関に登録されるデータは瞬時に登録されてしまいます。このため、ほぼ同時期に違う消費者金融、銀行のカードローンに申請したとしても、少なくともどちらか一方にはかならずバレてしまいます。審査期間が長い場合だと両方ともにバレます。これによる弊害は多くあり、例えば他社の金融機関にお金を貸してもらえないほど信用できない人物なのかと担当者に見られてしまいます。お金の融資は信用問題におおきく関わることなので、これは大きなデメリットです。
(⇒違いがあっても似ている金融業者たち

他に複数の借り入れは切羽詰まっている印象を担当者に与えがちです。切羽詰まっている人ほど貸し倒れの可能性が高いと見られるので、マイナス評価に繋がります。また、消費者金融の場合総量規制というものが法律で定められており、年収の3/1以上の額を貸付してしまうと法令違反となり、貸した金融機関は罰せられます。他社からの融資が決まることで総量規制を超えてしまい、結果融資が受けられないという話はよくあります。複数申し込みをする際にはメリット・デメリットをよく考えてから賢く利用するのが大切です。
(⇒どうしても確実に借りたいなら審査が簡単なところが狙い目?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.