カードローンの借り入れを検討しています。カードローンと言えば消費者金融だと思うのですが、消費者金融での借り入れはなんとなく抵抗があり、できれば銀行で借り入れができたらと思っています。
(⇒どの借り入れ先がお金を借りやすいのか?

急ぎでお金が必要なので、もし審査に落ちた時のことを考えると何社かを同時に申し込みを行っておこうと思っています。しかし、複数社の同時申し込みは審査に通りにくいと聞きました。本当でしょうか?

審査に通らないって本当?銀行カードローンの多重申し込み

同時に複数社への申し込みをされると審査に通りませんよ。金融機関というのは個人信用情報機関というところに必ず加盟しなければなりません。銀行は全国銀行個人信用情報センター、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社は株式会社シー・アイ・シー、及び日本信用情報機構と加盟する機関が決まっています。

個人情報機関には、借り入れを行った利用者の情報がすべて登録保管されることになっており、申し込みの時点からデータが保管されます。登録保管されている情報は加盟しているすべての金融機関が検索閲覧が可能となっており、利用者からの申し込みがあれまず利用者の情報が登録されていないか検索されます。そして、申し込みの情報も登録されます。

複数社に同時に申し込みを行った場合、同時に申し込んでいることが各金融機関にはすぐにわかってしまうということです。複数社同時に申し込みを行っている利用者を「申し込みブラック」や「申し込み不審者」と呼び、要注意人物として見なされてしまいます。そうなると借り入れの審査に影響してしまうということです。ですから、借り入れの際はまずは一社に申し込まれる方がいいと思いますよ。

銀行カードローンの多重申し込みは審査に落ちやすい?

特に返済が遅れたことはなく、収入にも問題はないし、金銭上のトラブルを抱えているわけでもないのに、なぜか銀行カードローンの審査に落ちてしまったことはありませんか。それは多重申し込みが原因になっていることが多いのです。多重申し込みとは、半年以内に何件もの銀行カードローンやクレジットカードを申し込むことを言います。ショッピングローンや割賦契約も、これらの金融商品に含まれます。(参考ページはこちら→融資の多重申し込みが招く結末

金融商品の申し込みをすると、その事実が個人信用情報機関に登録されます。登録された情報は、どこの金融機関でも参照することができます。一度に多数のローンを申し込むと、金策に困っているとか、持ち逃げする危険があるとかいう疑いを、金融機関に持たれます。また契約が成立した場合には、成約情報という形で記録が出ます。成約情報がなければ、すなわち審査に落ちたということになります。
(⇒融資審査に通る為の条件はこちら

短期間に多数の申し込みがあって、しかも成約情報がない状態を、「申し込みブラック」と呼んでいます。それは誰からも信用がないのと同じことです。他の金融機関が審査に落とした利用者を、あえて通す理由はありません。ということで、ほとんどの金融機関は、多重申し込みした人を自動的に落としてしまうのです。

では多重申し込みを回避するには、どうすれば良いのでしょうか。個人信用情報機関には、申し込みの情報が半年間記録されます。ですから半年後に改めて申し込めば、審査に通る可能性が高くなります。一般的には、同時に3件より多くのローンを申し込むと、まず審査に落ちると言われています。ですから申し込みは1件ずつ行ない、通らなければ3件までは続けても構いませんが、そこで落ちたら半年待つことが必要です。

個人信用情報機関の情報は、申請すれば一般人にも開示されます。半年後に再び申し込むなら、自分の情報を開示して、申し込み履歴が消えていることを確かめましょう。これで審査に通る確率を上げることができます。

【参考ページ】
融資審査に落ちてしまう理由はどんなものかをチェック

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.