カードローンについて教えて!複数申し込み

キャッシングベスト3

どうしてもお金が必要になり、カードローンでの借り入れをしようと思っています。もし借り入れができなかった時のために何社かに申し込みをしようと思っているのですが、知人から同時に複数社に申し込みをすると審査に通りにくいと言われました。本当でしょうか?(参考ページはこちら→融資の複数申し込みが悪い結果を招くのは事実?

カードローンについて教えて!複数申し込みについて

本当ですね。複数社に同時に申し込むと「申し込みブラック」や「申し込み不審者」といって要注意人物と見なされて審査に影響しますよ。

金融機関は個人信用情報機関に加盟しており利用者の個人情報やデータを登録することになっています。登録された情報は一定期間保管され、個人信用情報機関に加盟している他の金融機関も閲覧できるようになっていて、融機関は申し込みがあった時に個人信用情報機関で申し込み利用者の情報を検索し、登録保管されている情報があれば審査の判断材料の一つに使われます。
(⇒そのほかの融資審査の判断材料

申し込みの情報も登録され半年間保管されます。金融機関が申し込みの時に個人信用情報機関に検索をかけて同時に複数社での申し込み履歴があった場合、不審者と判断されるようです。「同時に何社にも申し込みをしなければならないくらいお金に困っているのではないか」「返済せずに逃げるつもりではないか」など良い印象を与えずに邪推されてしまうというのが理由のようです。

何社申し込みをしようとも、審査基準などはどこもほとんど同じですし、基本的には貸し付けることを前提に審査は行われるので希望通りの金額が借り入れできるかはわかりませんが1社に申し込まれる方がいいと思いますよ。

【参考ページ】
融資審査でブラックになってしまう理由

カードローンにおける複数申し込みについて

カードローンにおける複数申し込みについては慎重に検討することが大切です。

審査に落ちるときのことも考慮に入れて、複数の業者に同時に申し込みをする方もいらっしゃいますが、複数の業者に申し込みをしてしまうことで審査に通りにくくしてしまう場合があります。複数の業者に同時に申し込みをすることは、良い印象を与えません。良い印象を与えたいのであれば、同時に複数申し込みは避けたほうが賢明です。

個人信用情報機関というものがありますので、同時に申し込みをすると、申し込みをした記録が残ってしまいます。複数の業者に申し込みをすると、その記録が残ってしまい、審査をするときのマイナス材料になります。

また、総量規制に関しての配慮も必要です。総量規制では年収の三分の一を超えての貸付はすることができません。 複数の業者に同時に申し込みをすることで総量規制に引っかかってしまうこともあります。ただし、銀行のカードローンは総量規制の対象外です。銀行の審査に通る状況であれば、銀行を利用するのも方法の一つです。

審査に通らないからといって、なんども複数の業者に申し込みをするのは避けましょう。申し込みの段階でも記録に残りますので、申し込みブラックという状態に陥る危険があります。申し込みブラックを避けるためには、一ヶ月に二社までの申し込みに留め、審査に落ちてしまったら最低でも六ヶ月は空けてから再度、申し込みをするようにしましょう。

大きな額の借り入れをしたいときには、一箇所で申し込みをしたほうが審査を通りやすくなります。銀行のほうが大きな額の借り入れがしやすいですから、銀行のカードローンを利用できるのであれば申し込みをしてみるとよいです。銀行は金利が安いですし、一箇所でまとめ借りることで管理も楽になります。

審査について気になるのなら、簡易審査を利用してみるとよいです。簡易検査なら記録に残りませんし、金融機関の公式ページで簡単に行うことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.