多重申し込みできるカードローンはあるのか

キャッシングベスト3

多重に申し込みできるカードローンは有りますか?

貸金業法には、「総量規制」という規定があります

カードローンにおける多重申し込みとは、「一人でいくつもの消費者金融に申し込むこと」をいいます。さて、この多重申し込みを行っている状態で申し込みができるカードローンというものは存在するのでしょうか。結論から言えば「ありません」、が正解です。その理由を紐解いてみましょう。まず、カードローンのサービスを行っている消費者金融は、貸金業法の規制を受けています

その貸金業法には、「総量規制」という規定があります。これはわかりやすく言えば、「年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけない」という規制のことです。この規制があるため、多重申し込みをした場合、他社での貸付実績を合計するとこの規制に抵触してしまい、新たな貸付ができないというケースは非常に多いのです。これは貸金業法の規制の中でも特に厳格に守らなければいけないものです。

そのため、まともな会社だったらまずこの規制をくぐり抜けることはありません。中には、銀行のカードローンなど、銀行に関する法律の規制を受けているため貸金業法の規制を受けないところもあります。そういった場合でも、他の問題があります。それは、「お金を貸す側は返してもらえないことを一番恐れる」ということです。多重申し込みをしている、ということは、それだけ貸したお金が貸倒れるというリスクが高いことを示します。
(⇒金融業者によるルールの違い

つまり、消費者金融や銀行にとっては、多重申し込みをしている人、というのは「できればお金を貸したくない人」になってしまうのです。「だったら、他社で申し込んでいることを隠して申し込めばいいじゃないか」と思うかもしれません。しかし、消費者金融や銀行でカードローンを申し込んだ履歴というものは、信用情報機関に登録されています。ごまかしても無駄、というのが本当のところです。
(⇒融資審査に通りやすいのはどんな場合?

カードローン有りで多重申し込みをした場合

カードローン有りの状態で、更に他の金融機関にもカードローンを申込んだ場合には、多重申し込みと言われる状態になります。本来は、このような複数のカードローンを利用するという行為は、利用者側にとっては多重債務に陥ってしまう可能性が高くなるために、あまりお勧めできることではありません。

けれども、ちゃんと返還する当てがあって、どうしても複数のカードローンを申込まなければならない理由がある場合には、そうもいっていられません。個々の事情はあまり金融業者の担当の方には話さない方が良いですが、理由がある場合には複数のカードローンに申し込んでみることです。

例えば、最初のカードローンでお金を用立てようとしたところ、限度額の関係で必要な金額全てが用立てられなかった場合に、不足分を新たなカードローンを契約して用立てようとする場合などは、この多重申し込みに相当します。或いは、ある金融業者に申し込んだけれども、審査に通る自信がないので、心配だからもう一社申込んだりする場合もあります。

心得ておくべきこととは、金融業者と言うのは、多重債務者や、多重債務者になりそうな人を、申し込みの段階から警戒しています。このような人々とカードローンの契約を結べば、最後に損をするのは自分たち金融業者だと分かっているからです。そのため、短期間に複数の業者にまとめてカードローンを申込んだりすると、よほどお金に困っていると見做されてしまいます。

そのため、多重申し込みを行うと、審査に通りにくくなってしまいます。他社のカードローンにも申込んでいることは、個人信用情報を取り扱っている機関に問い合わせればすぐに分かることです。

従って、多重申し込みを行う際には、例え急いでお金を用立てなければならないとしても、1カ月以内の申し込みを3社以内に抑えることです。そうすることで、審査に通りやすくなります。もっと確実性を増したいならば、少なくとも6カ月以上は間を開けてから申し込むようにすべきです。

【参考ページ】
確実に借りたいなら審査が簡単なところに一件ずつ申し込んでみよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.