わたしさ、カードローンのこと結構知っているから経験上、カードローンのことを聞かれると答えられるように色々調べるんだけど、わたしでも意味の分からないカードローンに関するキーワードが出てきて、困っているの。「カードローン申し込み」「夫婦関係無い」。この組み合わせでカードローンについて何の相談なんだろうと思って。
(⇒まずはカードローンの申し込みについて

家族会員を使って夫婦でカードローン申請できるかってことでしょ

そうそう、最近に気軽にカードローンを組めることを知った人達が、とにかく借入枠を増やしたいために色々と出来ることや出来ないことを聞いてくるのよ。でも、私も初めて知りことが多くてお勉強になることがたくさん。
(⇒借入枠を後から増やす方法について

確かにクレジットカードって家族会員なんてあるわよね。そしてキャッシング機能も。でも原則、家族会員っていうのは、クレジット機能についているポイントが家族間で使えたりというぐらいのものではないかしら、家族会員で有効なのは。

融資では、銀行法や貸金業の法律などがあって、「家族」という枠で特別に融資できるのって聞いたことないわね。あえて探せば貸金業の「配偶者貸付」とかぐらいかしら。また未成年であれば、融資をうける際に親権者から承諾をとりつけるとかぐらいよね。
(⇒銀行と消費者金融では融資ルールも大きく変わる

他には、夫婦や家族がそれぞれ個人で同じタイミングで申請の申し込みをすることもできるらしいけど、多分審査で怪しまれる可能性が高いわね。急に家族でローンが必要になったとなれば、返済出来ない何かに追い込まれたんじゃないかと疑ってしまう。返済出来ない可能性が高いわよね。

カードローンを使う時は、返済が確実に可能であれば使っていいけれど、金利って元金についてまわるからには、決して安いものではないでしょ。いくら低金利でも。だから収入とのバランスで無理なく使うようにしなきゃね。

カードローン申し込みの審査は夫婦関係ない?

カードローン申し込みの時は収入や他社からの借り入れ金額などの審査があります。他社で返済に遅延があったりすると審査に落ちる原因にもなってしまうので、新たにカードローンを申し込む時はそういった状態にならないようにしておくと良いでしょう。申し込み時に気になることとして、家族の中に審査に不利になるような状況にある人がいる場合はどうなるのかということがあるでしょう。例えば、夫が新たにカードローン申し込みする時、妻が過去に自己破産をしたことがあるといった場合は夫婦関係ない?と言い切れるのでしょうか。

結論としては、基本的には家族の信用情報は関係しないということになります。例えば夫が申し込む場合、夫の収入や他社からの借り入れ情報のみが審査されるので妻は基本的には関係ありません。では、なぜこのような疑問が出てくるのかというと、ケースによっては妻の借り入れも関係してくるからなのです。例えば妻が借り入れをした際に保証人になったことがあるというような場合は、無関係ではなくなります。家族の信用情報が関係してくるケースでは、保証人になっているケースがあります。また、すっかり忘れていたとしても過去に親族の保証人になったことがあるという場合もあります。親族が自己破産していたりすると、審査に落ちやすくなるということがあります。

もし、まったく心当たりがないのにカードローンの審査に落ち続けているという方がいるなら、そういった経験がないかどうか思い出してみてください。基本的には二十歳以上の成人であれば自分だけの名前でカードローン申し込みはできますので、家族がブラックリストだからという理由で審査に落ちることはまずありません。また、携帯電話の料金を延滞したことがあったり未納のままにしていたりということがあっても不利になります。金額が小さいと記憶に残りにくいものですが、ブラックリストには載ってしまうので注意しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.