私は生まれてこの方カードローンを作ったことがないのですが、最近のローンは内容やサービスがともによくなり誰もが簡単に作れるようになってきたと聞き利用しようかと思いはじめています。(参考ページはこちら→本当に誰でもどんな仕事でも融資は可能?

詳しいことがよくわからないのですが、そんな誰もが簡単に作れるカードローンとはいったいどんなタイプなのでしょうか、どんな特徴があるのでしょうか。(参考ページはこちら→誰でも借りられる融資の正体とは?

対象者が広い、審査が甘い、手続が便利、などの特徴があります

誰もが簡単に作れるカードローンには二つの意味あります。一つは利用対象者や審査の面で契約が簡単にできやすいという意味です。もう一つは手続き上の便利さの面で契約やカード発行までに手間が少なく短時間で簡単に済ませられるという意味です。具体的には、短時間の審査、学生や主婦でも利用可能、収入証明書不要、来店不要、24時間申し込み可能、即日のカード発行、などといった特徴になります。
(⇒カードローンってその日に借りる事が出来るの?

カードローン会社によって審査の難度が異なるためAという会社では合格し、Bという会社では不合格になるといった異なる結果になることも珍しくありません。そのため誰もが簡単に作れるカードローンというものはないとしても、より作りやすいローンというものはないとはいえません。

最近のローン業界では競争も厳しさを増しており、各会社は利用者の獲得に力を入れています。今や多くの会社では多少貸倒リスクが増えることも覚悟して学生、アルバイト、主婦や年金受給者などを利用対象者へと拡大さており、その結果以前と比べて契約しやすい、すなわちローンを作りやすい状況になっているといえるでしょう。

審査そのものはシステム化され質問に対する回答を入力すれば、何秒、何十秒という短い時間で審査結果が得られるようになっており、申込者の審査での手続きや時間的な負担は大幅に軽減されるため、これも簡単に作れるということに繋がるかもしれません。しかし、システムでは単純に判定できない場合などは結果を得るまでに相当の時間がかかることもあります。

これは申込者にとっては時間的な負担になりますが、少ない情報だけで不合格と判定されるよりはいいかもしれません。また、会社によっては電話や面談で申込者の状況を詳しく聞きとって審査に反映してくれるところもありますので、そういったシステム任せの判定を行う会社よりも簡単に作れるという特徴になるのではないでしょうか。

審査以外の面では手続の簡素化・短時間化や利用上の利便性の面も作りやすさに関わってくるでしょう。消費者の中にはいまだにカードローンを利用する際の人目を気にする方もおられます。また、来店や手続きで多くの時間を割かれることに抵抗を感じる方もおられます。こうした方々の要望に応えるために、手続きを開始してから審査結果を出すまでに30分というような時間短縮や手続きの簡素化を実現しているローン会社もあります。

来店せずに契約手続きを進めるためWEB経由や自動契約機などの多様な申込み方法が用意されており、収入証明書などの準備に手間のかかる必要書類を省いた手続きを採用しているところもあります。こうした取り組みも申込者の心理的、物理的及び時間的な負担を軽減することに繋がるため簡単に作れるという特徴になりそうです。

狭い意味で誰でも簡単に作れるカードローンというものはないと思われますが、今まで見てきたような広い意味としてのより多くの人が作りやいローンはありそうです。ご自身にとって重要な作りやすさを考えてみてその特徴をもったローンを探してみてはいかがでしょうか。

簡単に作れるカードローンでお金を借りることができる

簡単に作れるカードローンでお金を借りることが出来ます。基本的に、カードローンには大きく分けて二つの種類が存在します。一つは、銀行が提供しているカードローンで、もう一つがそれ以外の業者が提供しているカードローンです。後者のカードローンは消費者金融のような金融業者が提供しているカードローンなのですが、こうした業者のローンは簡単に利用できますので、すぐにお金を借りることが出来るのです。(参考ページはこちら→二つのカードローンの違いとは?

では、なぜカードローンは大きく分けてこれら二つの種類に分けられているのでしょうか。それは、カードローンに適用される法律が銀行系のローンとそれ以外のローンでは全く異なるからなのです。銀行系のローンは、複合的なサービスを提供する銀行の性質が考慮されますので、そうしたサービスを法的に保障するために銀行法が適用されます。

反対に、それ以外の消費者金融はお金を貸すことに特化したサービスを提供していますので、貸金業法という法律が適用されるのです。特徴的なのは、貸金業法は銀行法に比べて消費者を保護するための保障が手厚いということにあります。法律的な消費者に対する安全性が銀行法よりも優れていますので、消費者金融が厳しい審査をしなくても融資の安全性が担保されるのです。

この大きな役割を果たしている法律的な規制に総量規制というものがあります。総量規制は融資の枠に関する規制ですので、この規制がある限り消費者も消費者金融も好きにお金の貸し借りを行うことは出来ません。あくまでも法律に定められた範囲内のみで融資を行うことが認められているのです。

このように、簡単に作れるカードローンは法律によって高い安全性があり、融資に関して危険性が伴いません。融資の申請をするときも店舗に出向いて手続きをする必要が無いものがほとんどですので、非常に利用しやすいのです。契約機を利用すれば簡易的な審査でその場でキャッシュカードを作ってくれますので、即日融資も可能だと言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.