カードローン申請で甘いとこなんか、本当に適当な申請で通るなんて話を聞くんだけど、そんなんで通るんだったら何でもありね。特に自営業者とか何とか。俺すっごく働く自営業者の密告者じゃないし、ワル者になりたくないんだけど本当のところどうかなぁーと思って。(参考ページはこちら→審査が甘い金融会社って本当に存在するの?

ん~。年収のごまかしってデメリット大きいわよ

そうね。まぁどこまで事実なんだか分からないんだけど、ゴマかした場合ってその後が大変なのよ。確定申告なんかごまかしたら、後でどっさり税金がかけられるからね。金融業者から確実に借入るために、写しの書類をあたかも収益が確実に入っているかのように見せるわけだから。そりゃ、ウソにウソを塗り固めてあっと言う間に債務処理よ。
(⇒債務処理にてブラックになるとどうなるの?

そんな焦付き一番嫌がるのは融資しているほうだもんね。審査はそれなりにしているでしょう。返済能力の問題ですし、与信審査もあるでしょうから、例えごまかせたとしてどこまで通用するんだか。

個人でも虚偽の申請も難しいんじゃないかなぁー。第一、収入の3分の1の総量規制でひかかった場合、営業できなくなるのは融資したノンバンクの方なんだもん。自営業で安定的な収入を確保するってホント大変よ。だから貸金業法でも総量規制の対象外なんだろうけど。

ウソをついて借りているってより、ちゃんと申請して融資を受けているんでしょ。しかも返済もしているってことだと思うよ。こんだけちゃんと起業している人のどうこう言わないでくれる。サラリーマンよりしっかりやれてるよ。

カードローン年収ごまかしはあまり好ましくありません

カードローン年収ごまかしはあまり好ましくなく、源泉徴収票などの提出をお願いされる時にどうしてもバレてしまうケースは高いのかも知れません。そう言った条件での借り入れの申込みに関しては、やはりちゃんと調査される事も多く、特に他社の消費者金融業者での借り入れがある方が、借り入れ無しなどと記載しているとそれでも虚偽の申込みとなります。それもやはり消費者金融業者や銀行などで調べる事が出来て後々良くない印象となって審査も落ちてしまう可能性があります。

当然そう言った考えなどを踏まえて色々と問題点などはありますが、申込み書を記載する上で嘘の記載は絶対に行ってはいけません。やはりカードローン年収ごまかしでもそう言ったいつかは分かってしまう事となり印象なども当然悪くなってしまいます。そう言った状況になれば勿論消費者金融業者としても借り入れを行なう限度額を下げたり、審査が通らないといったケースになる事も考えられます。
(⇒審査に落ちる理由は他にもたくさんあります

年収ごまかしも、逆に年収が沢山あった頃にカードローンの借り入れの限度額が沢山あった時に限度額の範囲内で使用してよかったのですが、年収が下がってしまった状況であってもその限度額は下がる事は無く、前のままの条件での取引は出来る様です。この様に一度審査が通る事が出来ていれば、極端に言えば会社を辞めてしまっていてもカードローンの利用に際して問題なく利用出来る事となります。
(⇒やっぱり融資審査に年収は重要だった?

しかし改めてカードローンの申込みを行うとその時点で現在の状況を確認されてしまうのでそこで現状に見合う借り入れ金額の限度額に設定される事となります。こう言った事からカードローン年収ごまかしは、結果的にばれてしまう事が多くしっかりと正確な利用を行う必要があります。

勿論消費者金融業者にしても銀行にしても取引限度額の枠の中での取引は了承している訳で、それ以上となれば借入の状況で貸し過ぎとなり返済などに支障を懐恐れがある事から、気をつけて借入を行いたい所です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.