カードローン借入限度額、年収によって差?

キャッシングベスト3

貧しい人はお金がないのだからより多くお金を借りたいし、お金持ちは、…そもそもお金をたくさん持ってるんだから、お金なんか借りなくていいじゃない!?そんなふうに考えていたのですが、どうやら現実は違うようですね?

年収の高い人は、年収の低い人より、より多くの額のお金が借りられる、年収によって借入限度額に差が出てくるって本当ですか。不公平ではないですか。確かに、お金の少ない人がカードローンで大金を借りたところで返済の目処が立たないかもしれませんが…。

初めての利用時は限度額が年収に縛られるがのちのち上がることも

そうなんです。あなたがおっしゃる通り、お金のある人はより多く借りられて、手持ちのお金の少ない人はそれに見合うだけの少ない金額しか借りられません。それはまさに、お金が少ない人が大金を借りたとしても、その返済能力がない、というところに起因します。…贅沢をしたい気持ちは、人間誰でも共通のものだと思うので、相談者さんのように、「不公平!」と言いたい気持ちもよくわかるのですが…。

消費者金融からお金を借りるにあたっては、貸金業法という日本の法律の名の、総量規制というものが適用されます。それはすなわち、「消費者金融から借りられる額は、借金のすべての金額を合わせて年収の三分の一まで」という規制です。

しかし、その適用があるのは、消費者金融に限ったことで、銀行はその適用を受けません。ですから、銀行だったら、それ以上の額を借り受けすることも可能です。ただし、やはり当初は信用情報と収入がモノを言います。それ以外、お金を借りたいと希望する人の信頼をはかる術がないからです。(参考ページはこちら→融資の審査基準はある程度法則がある?

借り入れたお金を延滞せず、きちんと返済していく、ということを少しずつ確実に積み重ねて行くことで、貸し主への信頼度は高まり、やがて、より多くの金額を借り受けすることができるようになります。(参考ページはこちら→融資で言われる信頼とはどんなものか

カードローン借入限度額は必ず年収に関係するのか

カードローン借入限度額は、契約した時点では利用実績がないため低く抑えられていることが多いです。利用実績を作ることで限度額の引き上げを行うことができますが、そのカードローンの種類によっては限度額の上限が年収による制限を受けることがあります。

銀行系と呼ばれるカードローンでは、銀行法が適用されます。そのため、貸金業法の総量規制の対象外であり、借入限度額はそのローンで定められた金額になるため、大口の借入を行えます。信販系・消費者金融系と呼ばれるものでは貸金業法が適用されるため、総量規制によって借入限度額は年収の3分の1までに制限されます。
(⇒銀行で借りる場合のルールについて

総量規制で合算される借入額は貸金業法での借入だけになります。そのため、銀行系カードローンの借入額や、割賦販売法が適用されるクレジットカードのショッピングの利用残高がこの借入限度額に影響することはありません。

銀行系カードローンは総量規制の対象外ですが、多額の借入を行う場合には十分な返済能力があると認められる必要があるため、年収が多い方が限度額を引き上げる際には有利になります。また、複数の会社から借入を行っていると、自転車操業になっていることを疑われることもあるため、1社にまとめておいた方が返済能力があると判断されやすいです。

信販系・消費者金融系では総量規制の対象となるため、これによる上限に達している場合には限度額の引き上げを申し込んでも通ることはなく、年収を上げていくしかありません。また、借入がなくても、他社の借入限度額の合算が高い場合にも限度額の引き上げは通りにくくなるため、不要なカードは解約したり限度額の引き下げを行うなどしておく必要があります。

信販系や消費者金融系カードローンでで年収による限度額の上限に達している場合、それ以上の借入を行いたくてもこれを短期間で引き上げることは困難になります。そのため、銀行系カードローンと組み合わせて借入を行うなどして、総量規制にかからないようにするとよいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.