カードローンの利用額が年収1/3を超えた

キャッシングベスト3

私は銀行のカードローンの利用を始めてそろそろ10年になります。その間に何回か利用限度額を増額しており現在300万円ほどの利用限度額があります。以前は利用限度額は大きくても実際に利用する金額は微々たるものですぐに返済してしまっていたのですが、不況時に借入が進んでしまい、現在も少しづつ借入残高が増えていつの間にか200万円を超えてしまいました。そろそろ何とかしなければならないと思っていたのですが、そこに貸金業法が改正されて総量規制が行なわれることになったのです。
(⇒融資の限度額を後から増やす方法

私の年収は現在600万円そこそこで、借入が既に200万円を超え総量規制の年収の三分の一と言う基準を越えてしまっています。いずれ返すにしても今すぐに三分の一まで減らせと言われても大変困ったことになってしまいます。しかし考えてみればその後も借入は普通にできているので、本当に三分の一と言う基準があるのかどうか甚だ疑問です。そこでお聞きしたいのですが私はこのまま借り続けても良いものなのでしょうか。

あまり良くはありませんが銀行には貸金業法は適用されません

借金を良い物なのでしょうかと言われたら、あまり良いとは言えないと答えざるを得ませんが、あなたの心配している年収の三分の一という基準を超えてもあなたの場合問題にはなりません。年収の三分の一までと言う基準はあなたが言うように貸金業法の規定であって消費者金融には当て嵌まりますが、銀行には当て嵌まりません。銀行を管理する法令は銀行法ですが、銀行法にはこの総量規制は有りません。したがってあなたの場合も三分の一を超えたからと言って問題になる事はありません。

消費者金融の場合、カードローンを申込んでも利用限度額は最大でも年収の三分の一までしか貰えません。これに対して銀行の場合には、年収が少ない場合には消費者金融と同じ程度なのですが、年収が大きくなってくるとだいたい年収の半分程度までは利用限度額が設定されているようです。そういうことであなたにもすぐに返済しろなどと言って来ることは有りませんので安心して利用を続けて構いません。

それよりも気になるのは利用残高が増えていることです。生活の基本は自分の収入内で行なうことです。あなたの場合当面返済も有りますから、その分を含めて、自分の収入に見合った生活をしなければなりません。そうしなければ少しづつ利用額が膨らんで先々300万円でも足りなくなる可能性があります。そうなると年収から考えてそれ以上は借入できそうにありませんから、下手をすると自己破産に追い込まれる可能性も出てきます。

そこでまず家計簿をつけてみましょう。一月経てば自分がだいたい何にいくらくらい使っているのかほぼ見えてきますから、そこから無駄だと思われる部分を洗い出してください。その部分は翌月からカットしてください。自分ではなかなか要不要が判断できない人もいるので、誰かと一緒に検討してみることも必要かもしれません。奥さんがいればよいですが、いない場合には会社の同僚などでも構いません。価値観の違う人が見れば如何に無駄が有るかが良く分かるでしょう。

カードローンで年収を超えた借り入れをしたい時

総量規制という言葉を耳にしたことがある方もいるでしょう。これは、お金を借りる時は年収の三分の一までを上限とする決まりのことです。これは返済能力を超えたお金を借りない、または貸し付けないようにする目的があります。ついついお金を借り過ぎてしまって返済ができなくなってしまったというようなことを起こさないためのものなのです。しかし、年収を超えた額が必要になることは珍しいことではありません。事業や投資などで大きな額が必要になることもあるでしょう。手持ちのお金が無いからと諦めてしまうと、大きなチャンスを逃がしてしまうということにもなりかねません。そういった場合は銀行のカードローンを利用してみましょう。(参考ページはこちら→銀行のカードローンは何故お勧めなのか

銀行のカードローンは総量規制の対象外になっています。そのため年収の三分の一までという規制がありません。このように聞くと、審査がとても厳しいのではないかというイメージを持たれる方もいるのではないでしょうか。確かに、借り入れ額が大きくなるほど審査は厳しくなる傾向にあります。消費者金融のように即日で融資というわけにはいかないということもあるでしょう。場合によっては事業計画書の提出が必要になったり、担保がいる場合も出てくるでしょう。しかし、きちんとした理由があって大きな額が必要である場合には銀行のカードローンは強い味方となるでしょう。
(⇒消費者金融と銀行では融資審査の難易度が違う?

そして嬉しいことに最近では、銀行のカードローンの中にも審査が比較的甘いところも出てきました。銀行といっても大手から新興系まで様々です。無店舗でネット営業のみの新しい銀行も増えてきました。銀行カードローンといってもたくさんありますから、無担保で借りられるところを探してみると良いでしょう。また、持ち家があるなど担保がある場合はさらに借り入れしやすくなるでしょう。事業でまとまったお金が必要になったという時は、年収を超えた額であっても諦めずに情報収集をしながら借り入れできるところを見つけてみましょう。
(⇒審査の甘い金融業者の探し方

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.