年収1000万。そろそろ家の購入を考えているんだけど。住宅ローンを低金利で借入したい。その時の注意事項を知りたんだけど。

高所得者ほどリスク回避の徹底を要求されます

年収1000万ほどあると、毎日優雅な生活をしていて住宅の購入に何も困ることがないように思いますが逆にこれだけの収入があると、きっと投資もやっているでしょう。生活レベルも毎日それなりに高い分、住宅も標準よりもイイ物を選びたいもの。住宅ローンを組む人も少なくありません。

これほど年収の高い方でも、住宅ローンを組むときには不安材料がないわけではありませ。高収入の方ほど、金利の変動には敏感。年収の維持が簡単ではない。これは融資をする銀行側もよく把握しているので、年収が現時点で良いからと言って、簡単に高額融資をするとは考えにくいです。(参考ページはこちら→融資の審査は年収だけを見ているわけじゃない?

物件も一般平均年収200~400万弱の方が選ぶ物件とも違い、売却なども念頭の購入するはずですから、価格が下がらない土地や物件を探すことが重要ですね。融資をした元金が返ってこないなんていうマイナス要因を金融会社に与えてはいけません。万が一、収入が突然入らなくなったときの対策をしていることを示さなければいけません。

高額所得者がやるべきことは、リスクを最大限避けること。年収に大きく影響する材料として、突然の重い病気などをどう対応するのかということも考えるべきです。そのために住宅ローンにセットでついている医療(疾病)保険も確実につけておいたほうがよいでしょう。

【参考ページ】
収入と融資で借りられる金額の因果関係

年収1000万円ならば、カードローンを低年利で利用できる?

急にまとまった額のお金が必要になったけど、今の手持ちのお金は少なくて、とてもお金が足りない、というような、お金に困ったご経験はありませんか?数十万円などの大金が急に必要になったときには、そんな大金をすぐに貸してくれる人は、普通は周囲にいないことが多いため、お金を調達できずに途方にくれてしまうことになります。

そんなときには、誰でも簡単かつスピーディにお金を借りることができる、カードローンの利用を検討されてもよいのではないかと思います。

一般的に、カードローンは、ATMでお金を引き出すような形で借入ができることから、近くにATMがあれば、必要なときにすぐにお金を借りることができます。また、多くの場合、契約しているローン会社のATMだけでなく、その会社と提携している他の金融機関のATMや、コンビニエンスストアのATMも利用できます。つまり、全国各地に、利用できるATMが存在するため、借入を行うために、利用できるATMを探し回る必要がありません。

しかし、このような高い利便性の反面、カードローンの金利は、他のローンと比べると金利が高くなっています。金利が高いと、その分、利息の支払いが増えてしまうため、なるべくなら、低年利で借入を行いたいものです。(参考ページはこちら→融資を使うなら利息は常に大事にしよう

このローンの金利は、ローンの利用限度額に応じて設定されます。具体的には、利用限度額が多いほど、カードローンの金利は低く設定されます。つまり、低年利で借入を行うためには、利用限度額が高く設定されればよいわけです。

希望の利用限度額で借入を認めるかどうかは、申し込み時のローン審査で判断されます。返済能力が低い人に、高い利用限度額を認めると、返済能力を超える借入が行われて、返済不能に陥ってしまう可能性があります。そこで、ローン審査では、利用限度額が高い場合には、返済能力が十分にあるかどうかを判断します。具体的には、年収が一定以上、例えば、年収1000万以上の高収入の方であれば、数百万という利用限度額が認められる可能性が高くなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.