ここ数年で利用しているカードローンの限度額を何回か増額してもらってます。そろそろまた限度額の増額をしてもらおうと思ってカードローン会社に連絡したら、これ以上は無理と断られてしまいました。
(⇒融資の増額ルールについて

どうも年収に関係があるようなんですが、いまいちよくわかりません。カードローンの限度額と年収の関係について詳しく教えてください

個人の借入額の上限は年収を基準に法律で決められています

個人で借りられる金額の上限は、年収を基準にして貸金業法という法律で取決めされているの。具体的には、年収の3分の1までっていうのがその数字よ。だから例えば、年収が300万円だったら100万円以上の借入は原則としてできないっていうことね。

カードローン会社側としては、それ以上融資をすると法律違反になって罰せられてしまうから、お断りするしかないってわけ。だからたとえ他のカードローンを今から新たに申し込もうとしても、審査に通らない可能性が非常に高いわよ。とはいえこれはあくまでも利用者の借りすぎを防ぐためのセーフティラインなの。これ以上の借金をするとちょっと返済がつらくなってきますよってことね。

ちなみに総量規制を含む貸金業法っていう法律は、文字通り貸金業者を対象にした法律なの。だから、完全に銀行が直でやってるカードローンだったら総量規制の制限がかからないのよね。銀行っていうのは貸金専業の会社じゃないから。でもだからって銀行カードローンなら絶対に総量規制の範囲を超えた借入ができるとは限らない。むしろ審査に関していえば、銀行の方が一般の消費者金融とかより基準が厳しかったりすることもままあるからね。

そういうことだから、もう借入金額が総量規制のいっぱいいっぱいまで来てしまったっていうことなら、これ以上の借入はあきらめた方が賢明よ。お金は借りたら返さなきゃいけないものだし、無計画な借りすぎは自分を苦しめることになるからね。

カードローン限度額と年収の兼ね合いについて

カードローン限度額と年収の兼ね合いについては当然の様に関係性があり、やはり収入の多い人では生活にゆとりが出来やすく限度枠に関しても広くとる事が出来る様です。その広い枠の中であれば何時でも引き出しをする事が出来てカードローンの利用に際して困る事は全くなさそうです。

やはり年収とカードローン限度額の兼ね合いで、低い所得に対して出る限度額でやり繰りする方法だけがそう言った対応が出来る事となりますが、これらの対応に関していってもやはり返済日と言うものが月に一度は訪れてしっかりと返済を行う必要性があります。年収の高い人で言えば、カードローン限度額がかなりあり、借入を行った分に関する返済は給与などで賄う事が可能となります。そう言った返済に対する考え方は、年収の高い人と低い人で変わりないのですが、生活に対する余裕の様な状況で考えるとやはり少し厳しい状況である事には間違いなさそうです。

カードローン限度額と言うものは、やはりその人の信用と比例する形となり、収入に応じて銀行や消費者金融業者が借入を出来る限度額を設定する所からも、無理な借入を出来ない様に考えられている様です。どうしても多くお金を借入してしまえば、それに付随した利息の部分は発生していきます。そうした事を考えながらやはり年収の事を踏まえながら考えるとこう言ったローンに関する考え方などがしっかりと見えてくる事となります。
(⇒融資額を決定する上で見ている審査基準

返済出来る状況をしっかりとプランを立てて借り入れが出来るのであれば、消費者金融業者や銀行とも良い付き合いとなり、カードローン限度額の中での融資に関する取り引きは問題なく行う事が出来ると感じます。そう言った事を踏まえて返済プランを立てるといった意味合いはかなり重要な事となります。

容易な借り入れが出来る状況であれば、やはり甘えが生じてしまいすぐに消費者金融業者などに借入を依頼したりする状況になるのですが、まずは自分の生活水準を確認しながら生活を行う必要性があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.