年収500万円でのカードローンの限度額は

キャッシングベスト3

私は昨年の年収が500万円を超えて裕福とまではいいませんが、外面的には高収入と言われています。しかし残念ながら収入はあっても我が家では私の祖父母まで健在で家族が多いため支出も大きく手元に残るお金はほとんど無いというお寒い状態です。しかしこれから祖父母だけでなく、父母まで高齢者になりますのでいざというときのことを考えると頭が痛くなります。祖父母や父母も多少の蓄えは有るはずですが、全部子供に使ってしまったと言っておりほとんど期待できません。

これから私の子供も大きくなってお金がかかる時期にかかりますので、誰かに病気でもされてしまうと、すぐに困ったことになってしまうかもしれません。最近になってそういうことも考えて今のうちにお金が足りなくなった時の対応を考えておこうと思うようになりました。そこで質問なのですが、500万円の年収の人がカードローンを契約したとして、いったいどの程度のお金を借りることができるものなのか利用限度額を教えてください。

最初は30万円程度の設定になるのではないかと思われます

まず年収500万円で質問からははっきりしませんが正社員だと思われますので、過去に何か問題がなければ特に審査が緩くない金融機関であっても、審査に通らないということはありません。申込めばすぐに契約できるでしょう。しかし契約できることと利用限度額の金額は関係しません。今まで利用したことがない金融機関の場合、あなたは単に知らない人という扱いになります。あなたに質問ですが知らない人にいくらまでなら貸しますか。
(⇒正社員なら融資を受けるのは難しく無い?

たぶん答えは貸さないというものでしょう。なぜなら信用して良いという確証がないからです。金融機関はお金を貸すのが商売ですから収入さえしっかりしていれば貸さないということはないですが、同じように信用して良いという確証はありませんから、大きな金額は貸してはくれません。最初に設定される金額は多くの場合10万円を超えない範囲なのですが、あなたの場合には500万円の年収がありますので、30万円程度の利用限度額は付くでしょう。
(⇒融資審査の内情は単純では無い?

通常カードローンを申し込む人はもっと大きな金額を望んでいるにもかかわらず、自分の利用限度額が非常に少ないことに落胆するのですが、あなたはどうでしょうか。もしもっとたくさん借りたいという場合には、最初からは無理で、少しづつ利用を続けて、しっかり返済できるということを金融機関に見てもらうことが必要です。まずは最低半年程度、最近では1年という場合もありますが、設定された利用限度額で利用を続けることが必要です。(参考ページはこちら→たくさん借りたいなら根気も必須

したがって、もしいざというときにカードローンを頼ろうと考えている場合には、早いうちに契約して、しばらく少ない金額でもよいので利用を続けることによって、少しづつ利用限度額を増やしておく事を勧めます。ただし、この間に返済が滞るようなことがあると信用を作るどころか、信用失墜で利用限度額が減らされてしまったり、悪くすると解約されてしまうことも有りますから注意しなければなりません。まずはカードローンの資料を集めることから始めましょう。
(⇒融資における信用はしっかりとカウントされています

年収500万の人のカードローンの限度額について

カードローンと言うのは、審査が行われることで利用限度額が定められ、この利用限度額の範囲内で繰り返しお金を借りる事が出来るローンの事を意味しています。カードローンを利用する時は、専用のローンカードを作成して貰い、ATM、キャッシュディスペンサなどを利用して現金を引き出して利用すると言う特徴が有ります。

尚、カードローンには銀行系や消費者金融系等の種類が在ります。銀行系のキャッシングの特長として、審査が厳しい事、金利が安いなどの特徴が有ります。これに対して消費者金融系は、審査が比較的緩い事、金利が銀行系と比べると高いと言った特徴が有りますが、消費者金融も貸金業法が改正されてからは従来のような高利子を支払うと言った事が無くなり、比較的安い金利での貸付を行っているのが特徴です。

但し、消費者金融は貸金業者であり、貸金業法に基づいて運営を行っています。これに伴い、貸金業者には総量規制が適用されることになるので、貸付金額においても年収の3分の1を超える貸付を禁じているのです。

例えば、年収500万の人の場合は最大166万円までが貸付可能額と言う事になるのです。また、借入残高が有る場合は、その分が差し引かれることになります。例えば、年収500万円の人が、借入残高が100万円あれば、166万円から100万円が差し引かれ、最大で66万までが借入可能額と言う事になるのです。

一方、銀行系のカードローンと言うのは総量規制の対象外となりますので、審査により利用限度額が定められます。これは年収に対する割合と言う規制が無いと言う特徴があるのです。

尚、銀行などのカードローンの申込みを行うと、勤続年数などについての審査が行われることになります。特に高額を希望する場合などでは、勤続年数が短い場合などでは希望通りの金額の融資が出来ない事もあるのです。

このように、年収500万円の人の利用限度額は、勤続年数などにより審査が行われると同時に、返済能力を考慮して利用限度額が定められると言う特徴があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.