年収の減少はカードローン限度額を下げるか

キャッシングベスト3

私は1年ほど前に大手の消費者金融のカードローンを契約して、借りては返済するという繰り返しで便利にローンを利用しています。しかし、私が勤務する会社の経営状態が芳しくなく私の年収は大きく減少してしおり、その影響で消費者金融が利用限度額を下げはしないかと心配です。

私の年収は下がっていますが、それで利用限度額は下げられるのでしょうか。(参考ページはこちら→年収と融資の限度額の関係はどこまで深い?

年収の減少で限度額の減額もありえますが絶対ではありません

カードローンの利用者にとってその利用限度額の増減は大変気になるところですが、その増減には利用者の信用力、返済能力と利用実績などが影響します。そして、それらの内容により限度額は増加することもあれば減額することもあるのです。特に返済能力に直結する年収の減少は確かに限度額の減額に繋がりますが、それで必ず下がるというわけではありません。ただし、総量規制の適用を受けるような減少は直結することもあります。

カードローンの利用限度額が減少する要因では信用力の低下と収入の減少が最も影響しやすく、最も起こりやすいものは信用事故などによる信頼性の低下かもしれません。返済日をうっかり忘れて支払いの遅延を繰り返すようなことがあれば減額や利用の一時停止に追い込まれるようなことも珍しくないのです。
(⇒返済に遅れると最悪ブラックになるかも?

それに比べて年収の減少が限度額の減額に繋がるケースはある程度限定されるかもしれません。なぜなら年収が若干下がるようなことは2~3年程度の間では十分に起こりうることで、利用限度額の算定上も許容範囲になることも少なくないと考えられるからです。また、年収が少し変動したくらいで限度額を直ぐに変更すれば、事業者には管理上のコストが多くかかり、利用者には不信感が増大することになるかもしれないからです。

したがって、年収の大幅な減少でないと限度額の減額は起こりにくいとみるのが合理的といえます。ただし、消費者金融の場合はその大きな減額であるかどうかに関わらず、総量規制の影響を受けるような年収の減少は限度額の減少に直接的に結びつきます。つまり、年収が減少して借入額が利用者の年収の3分の1を超えてしまうようになれば、事業者は限度額を下げざるを得ないわけです。

しかし、実際に年収が大きく減少するようなことは、会社の倒産、退職や転職といったことがない限り発生する可能性は高くないので、年収の減少による限度額の削減はそれほど多くないと考えられます。そのため、多少年収が下がったとしても総量規制に関わるようなことがなければあまり気にする必要はないといえるでしょう。

年収の減少を気にしても会社員の場合は年収のアップに向けた改善をすることが容易ではないので、むしろ信用力の維持向上が重要といえるでしょう。つまらないうっかり忘れやミスなどで返済が滞らないように注意する、適切な借入れと返済を行う、他社での借入額を減らす、他社での未利用の限度額を消滅させる、といったことに取り組めば限度額の削減は回避できるのではないでしょうか。

【参考ページ】
融資限度額を増やしたい場合はどうする?

カードローンの利用において年収が下がったら?

カードローンの利用において年収が下がったら?当然利用する限度枠も下がると考えるのが一般かも知れませんが、毎年源泉徴収票を提出している訳ではないので、利用する範囲は今までと同じ様に前の年収のままでの利用が可能となります。しかしそう言った条件的には以前の条件となって、今では到底そう言った条件での取り引きとはならない事から、利用に関しても少しは考えて行う必要がありそうです。

やはりカードローンの利用と言う物で、特に銀行や消費者金融業者といった所が考えている事は、スムーズな取引となり、返済などの滞りが無い様に無理の無い貸付を行う事が必要となります。しかしこの様に以前と全く条件が違う年収が下がったら?その状況での条件となる事が当然なので、限度枠の見直しは必要かと感じます。
(⇒金融業者はこちらのどんなところを見ているのか

その現状の状況が変わった所によりカードローンの借り入れ限度額にしても変更が行われる事が一般的とされる為、以前の利用の分に関してもちゃんとした取引での対応をする必要があり、勿論年収が下がったら?気にしなければいけない所も多くなります。こう言った条件での取引で、以前の様に使い込んでしまうとやはり生活を行う上で返済に関してもしっかりと関心を持って置かなければ、返済の滞りとなり危険性もあります。

年収が下がって一番気をつけなければいけない事は、やはり今までの生活水準について今後も気にかけておく必要性が大きいといった事なのかも知れません。そう言った事を考えるとやはり返済について当然今後も注意していく必要があり、無理な買い物などは避ける必要があります。

これはカードローンの利用枠がそのままだから使い放題使うととても危険と言う事で、その辺りは生活としっかりと考えていきながら借入を行う事でずいぶんと緩和する事になりそうです。そう言った条件の見直しなどは改めてする必要はありませんが、ご自身の利用に当たる状況で無理の無い返済計画を立てる必要があります。(参考ページはこちら→返済計画はしっかりと構築しておくべし

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.