年収240万でローン会社から借りられる額

キャッシングベスト3

私は魚釣りが趣味でその際に利用する小型ボートの購入を考えています。しかし、そのボートが意外と高く50万円ほど足りそうもないので、カードローンから借入れしたいと思っています。

私の年収は240万円なのですが、どれくらいまでカードローン会社は貸してくれるでしょうか。(参考ページはこちら→限度額と収入って関係ある?

年収の3分の1までが一つの目安ですが年収だけではきまりません

カードローンを利用したいと考えている人はできるだけ多くの利用限度額を望んでいますが、希望の金額よりも低く設定されることが少なくありません。この利用限度額は総量規制やリスク回避の点から年収の3分の1程度までに設定されることが多いとみられていますが、申込者の信用状況や収入の大きさなどが判断材料となり総合的に決定されることになります。(参考ページはこちら→融資が決定されるまでの基準

カードローン利用者にとってローンの利用限度額が大きいほど利便性が高くなると思われています。もし限度額が小さいと当然必要な額を必要な時に借入れすることができず、不足する分は他のローン会社などから調達しなければならなくなるので余計な手間やリスクを伴うことになりかねません。そのため一つのローン会社の限度額が大きいほうが望ましいということになるのです。

しかし、ローン会社にとっては限度額を大きくすると借入れが増え収益の拡大に繋がる一方、返済能力を超えた限度額を設定すれば貸倒リスクが増大することにもなります。そのため、各ローン会社は申込者の信用状況、年収、勤務先、勤続年数、家族構成、住居形態や他社での借入額などを確認して、貸倒れることなく利用者が返済し得る限度額を設定するのです。

しかし、消費者金融などの貸金事業者は総量規制の適用を受けるので、利用者の年収の3分の1を超えて融資することがでません。したがって、消費者金融では事実上利用者の年収の3分の1までが利用限度額となり、あとは利用者の状況次第でその3分の1に近づくか離れるかが分かれることになります。

銀行法の適用を受ける金融機関は年収の3分の1にとらわれた融資をする必要はありませんが、年収がそれほど多くない人に対しては年収の3分の1よりも少ない限度額の設定にすることも少なくないようです。総量規制の年収の3分の1という数値が返済不能を回避できる数値として設定されていると、多くの銀行がそのように認識しているかもしれません。

しかし、年収の額が一定額以上になれば、日常の生活を維持する費用や借入金の返済額を十分に賄えるようになるので、銀行としては当然多く融資することができ限度額も多くなっても不思議ではありません。逆に年収が低くなるとともに信用力が劣るような状況であれば、限度額の設定は年収の3分の1よりもはるかに少ない金額になってしまうでしょう。

したがって、あなたの場合は年収240万円なので、3分の1の80万円までが一つの目安になるかもしれません。ただし、あなたの信用状況、勤務状態、家族構成、住居状況や他の借金の大きさなどによりかなり低い額が設定されることもあります。特に初めて契約した人の限度額としては、20万円や30万円といった程度で設定されることが多いので、50万円の借入れは難しいかもしれませんね。

年収240万で借りられるカードローンの額

年収240万の人がカードローンに申し込む場合、総量規制の対象となっている金融機関であれば年収の三分の一が借り入れ額の上限となります。そのため借り入れ限度額は80万円となります。なぜ三分の一までと決まっているかと言うと、これは比較的最近出来た決まりなのですが、お金を借り過ぎて返済が出来なくなってしまうという状況を避けることが目的となっています。借金を返済するために借金を重ねるということになると雪だるま式に増えて行ってしまいます。これは借りる側が返済に追われて生活がままならなくなることを避けることもできますし、貸す側がお金を回収できないというリスクを避けることもできるので、双方にとってメリットがある決まりとも言えます。

しかし、生活費やちょっとした出費をまかなうのであれば三分の一まででやりくり出来そうですが、そうでないケースもあるでしょう。80万円では足りないという場合はどうしたら良いかというと、銀行系のカードローンに申し込んでみるという方法があります。銀行は総量規制の対象外となっているため、年収の三分の一までという決まりはありません。大きな額が必要になったとしても諦めずに、銀行にあたってみると良いでしょう。(参考ページはこちら→困った時は銀行融資に頼ってみよう

銀行系と言うと、お堅い雰囲気で審査も厳しいのではないかというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。銀行と言っても昔からある老舗のところから、ベンチャー系のネットバンクまで様々あります。老舗であってもお堅くて審査が厳しいというイメージとは違い、即日で融資まで完了するというところまであります。これは銀行によって方向性なども違うので、年収240万で必ず借りられるところがどこかということは申し込んでみないと分かりません。しかし、あまり気構えする必要は無いということなのです。銀行でも審査が甘いと言われているようなところもありますので、すぐに諦めずに貸してくれるところを探すようにしてみましょう。(参考ページはこちら→審査の緩い業者をしっかりと探す

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.