高校卒業後、実家暮らしでフリーターのような生活をしていたのですが、先日親と喧嘩して勢いで家を出ると宣言してしまいました。そうなるともちろんすべて自腹です…。

とはいえ貯金もほとんどないのでカードローンで借りるしかありません。必要な金額が借りれるかかなり不安です。年収にして100万円くらいの私のカードローン限度額はいくらになるんでしょうか?
(⇒フリーターが融資を受ける事はそもそも可能?

個人が借りられる金額は原則年収の3分の1と法で決まっています

カードローンとかの貸金業者から個人が借りられる金額って実は法律できちんと決められているの。貸金業法っていう法律があってね、その中で個人の借入額の合計は年収の3分の1以内に納めなければならないということになっているのよ。それで考えると、あなたの借入可能な金額の上限は100万円の3分の1で、30万円ちょっとということになるわね。

ただしこの総量規制にはちょっとした抜け道があってね、実は対象外になるカードローンなんて言うのが存在するのよ。それは銀行が直でやってるカードローンなの。総量規制を含む貸金業法ていう法律は、その名の通り貸金専業者に対して効力を持つ法律なのね。だから、貸金専門の会社ではない銀行での融資は原則としてその対象外になるというわけ。

でもだからって、年収100万円あればカードローンで絶対に30万円借りられる、銀行カードローンならそれ以上の金額が借りられる…って思うのはちょっと危険よ。っていうのも、カードローンを利用するには必ず審査がある。そしてその審査では収入だけじゃない、生活状況やその人の信用や…いろんな条件を相対的にみて借入限度額を決めるのよ。

つまり条件によっては、年収100万円あっても30万円の借入限度額になるとは限らないってこと。特に過去にお金を借りたことのない人は信用という面でのデータがないとみなされるから、限度額が低めに設定されることも多いのよ。それは銀行カードローンでも同じこと。業者によっても審査の基準は違うから、借りやすいところ、借入限度額の設定が初めてでも比較的高めのところをネットなんかで探してみることをおすすめするわ。(参考ページはこちら→借りやすい金融業者はこんな所!

年収100万円の人は限度額低めならカードローンの審査に通るか

人にお金を貸す場合、やはり相手の収入が高ければ高いほど安心感があります。たとえば、友人と一緒に居酒屋に行き、友人が財布を忘れたので代わりに払っておいてほしい、自分の分は後で返すと言ってきたとします。もし、友人の月収が100万円だと知っていれば、貸すことに特に不安は覚えないでしょう。しかし、友人がまったく働いていないかそれに近い場合、本当に返してもらえるのかと不安になるでしょう。
(⇒無職ではお金を借りる事は難しい

なので、貸してほしいと言ってきたのが居酒屋ではなく、もっと早い段階であれば断る人も少なくないでしょう。同じことは貸金業者にも言えます。貸金業者も貸したお金が全額返ってくるのが一番なので、出来るだけ貸しても安心出来る客と契約したいと考えています。どういう客が安心出来るのかというと、やはり、収入が多い客、あるいは今まで別の貸金業者と契約していて、お金を借りていたけど、問題なく返済していた客、つまり、貸したお金をちゃんと返してくれる客です。

では、収入が低い人、たとえば年収100万円の人がカードローンに申し込んだ場合、審査には通らないのでしょうか。こういう場合、絶対に通らないとは言い切れません。というのは、貸金業者は融資の条件に安定した収入があると言っていて、その収入は具体的にいくらなのかと公表していることはあまりないからです。つまり、年収100万円以下の人には貸しませんと断言している貸金業者には申し込んでも無理ですが、そうでない場合は、審査担当者の考え次第ということになります。

年収100万円の内訳が、毎月必ず8万円以上の給料ということであれば、限度額を低めにして審査に通す会社があってもおかしくはありません。ただ、月収8万円で独立して生活していくのは難しく、また、もし独立して生活をしていたらお金はほとんど余らないと考えられるので、審査には通らない可能性が高いでしょう。しかし、親と同居をしていて、生活費はほとんどかからないという場合は審査に通る可能性があります。
(⇒融資審査に通る決め手とは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.