来年子供が大学に進学します。私も40歳を過ぎて今まで準備をしてきたつもりだったのですが、これまでの不況でなかなか貯蓄することができず、このままでは受験と入学に掛かるお金が用意できそうもありません。まだ1年有るのでその間節約に励んで、できる限りは貯蓄しようと思っているのですが、それでも限度がありますので、正直困っています。もし足りない場合には借金をするしかありませんが、どの程度借りれられるのか不安です。

私は正社員で40歳とは言っても収入は年収にして300万円程度しかありません。この程度ではなかなか信用力にはならないかもしれませんが、借金をする前提でカードローンを申し込んでおくことを考えています。そこで審査に通るという前提で話を伺いたいのですが、年収300万円の場合、借り入れできる金額というのはどの程度になるものでしょうか。金額によってはさらに何か考えなければならないので、よろしくお願いいたします。

契約直後は良くても30万円まで行くか行かないかという程度です

正社員ということで定期収入はあるはずですから審査は通ると思います。ただし年収300万円ということになると、それほど大きな金額は望めません。まず法律的な話から考えると、消費者金融を利用する場合には貸金業法によって年収の三分の一までという総量規制があります。したがってこの場合100万円が上限になります。銀行の場合この規制は掛かりませんが、同じ程度か多くても年収の半分程度までと考えて間違いありません。

ただし実際の場合、全くお付き合いのない金融機関のカードローンに申込んだとしても年収がどうであれ、金融機関から見れば知らない人ということになって、簡単には信用してくれません。したがって最初は信用してよいかどうかを見るためのお試し期間と考えたほうが妥当です。このため多くの場合は最初は10万円程度の利用限度額が設定されます。あなたの場合既に40歳で安定収入がありますからもう少し多めに設定される可能性はありますが、せいぜい30万円程度でしょう。

これで学費は足りますか、もし足りないという場合も何件も申し込むのは止めてください。2件申し込めばその分月々の返済は増えていきます。返済できなくなってしまうと、もう簡単には借りられません。十分注意しなければならないのです。また教育資金として利用するのであれば金利の高いカードローンを狙うよりも銀行の用意している目的別ローンに教育ローンがありますからそちらの利用を考えてみることを勧めます。ずっと有利に借り入れできるはずです。

またもしあなたのご両親に余力があるのであれば、祖父母から孫への贈与をしてもらう方法もあります。これには税制上の優遇があり、普通の贈与よりも有利に贈与が行えます。さらに、様々な奨学金も有りますから、今のうちから考えておけば、入学時になってあわてることもなく有利なものを利用できる可能性があります。カードローンに絞るのではなく、もっと広い視野で様々な可能性を探って何が最も有利なのか良く考えてみてください。

年収300万でカードローンどこまで借りられる?

普通に生活をしていてもお金が足りなくなることもあると思いますが、そんな時に頼りにすることができるのがカードローンです。ひと昔前でしたら消費者金融や銀行などでお金を借りるとなると、とても面倒な手続きがあるといったイメージでしたが、今では誰でも簡単にお金を借りることができます。(参考ページはこちら→現代の融資申し込み手続きについて

こうしたカードローンによりお金を借りることができる条件は、どこの会社でも大抵は一緒です。それはお金を借りる人に継続的に安定した収入があるかどうかということです。安定した収入のある人ならば、貸す側でも安心して貸したお金を回収することが見込めるので、比較的簡単にお金を借りることができます。

安定した収入といってもその額は人によって差があると思いますが、自分の年収でカードローンをすることができるのか不安に感じている人も中にはいることでしょう。年収300万でカードローンどこまで借りられる?と疑問に感じている人でも、銀行や消費者金融会社などが回収を見込めると考えた部分の金額までは、お金を借りることができます。
(⇒収入次第で融資限度額は大きく変わります

年収300万円の人が消費者金融会社からお金を借りるという場合には、どこの会社でも貸し出してくれるお金の上限は100万円と決められています。それは法律で、消費者金融会社がお金を貸し出すときは、借りる人の年収の3分の1に相当する金額までしか貸し出すことができないと決められているからです。

ですから消費者金融会社でお金を借りるというときはそこまでの金額が限度であるということを前もって認識をしておけば、より計画的に余裕をもってお金を借りることができるので便利です。

ただ法律上の上限は年収の3分の1ですが、実際には多くの消費者金融会社では、初めて契約をした人に貸し出しの上限である3分の1までを貸してくれるケースは稀です。多くの消費者金融会社でも50万円ほどが始めての顧客に貸すことのできる金額となっているので、借りる方も余裕を持って返すことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.