年収に対するカードローン借入上限は合算?

キャッシングベスト3

社会人になってできた友人がかなり羽振りが良くて、彼らと遊ぶとなるとかなりお金を使うんです。付き合いが悪いと思われたくなくて、お金が足りないときはカードローンで借りるようになりました。

正直今のカードローンだけでは心もとないので、ほかのカードローンを利用しようと考えてるんですが、カードローンの借入額の上限って年収で制限がありますよね?あれって複数のカードローンも全部合算した金額で考えるんでしょうか?

総量規制は原則としてすべての借金の合計額で考えます

あなたが言ってる借入額の上限っていうのは総量規制のことね。総量規制っていうのは、具体的には借金の総額を年収の3分の1までと制限するもので、貸金業法で定められているわ。総額だからもちろん、複数のカードローンはすべて合算して考えることになるわね。

ただし、借入の種類によっては、総量規制の対象にならないこともあるわ。もしあなたの利用しているカードローンが銀行が直でやっているものだったら、総量規制の制限の範疇から外れる可能性が高い。

っていうのも、総量規制を含む貸金業法っていう法律は消費者金融みたいな文字通り貸金専業の業者を対象としているの。だから、貸金業であるカードローンだけが事業ではない銀行での借入だったら、総量規制の制限はかからないと考えていいのよ。注意してほしいのが、『銀行が直で』っていうのがすごく重要だってこと。『銀行が出資・子会社化してるカードローン業者』ではダメってことよ。

あとはまぁ、住宅ローンとかいくつか明確に総量規制の計算には含まれないと規定されてる借入っていうのもあるわね。でもそれなら銀行ならいくらでも借りられるのかって言ったらそうじゃないから気を付けて。銀行だってあまりにも収入に見合わない融資はもちろんしないし、最終的に返す苦労を考えるとあまりにも借りすぎるのはおすすめはできないわ。

総量規制っていうのは、借入を身の丈に合った返済可能な金額に収めるためのセーフティラインとして設定されているものであることは踏まえておいてほしいの。それも合わせて、自分がカードローンをどのように使うかをよく考えてみてね。

【参考ページ】
銀行カードローンのルールを活かして借りる

夫婦の年収を合算してカードローンに申し込むことは可能

消費者金融会社にカードローンを申込む際には、年収の3分の1までしか借りることができません。例えば、妻の年収が180万円だとすると、カードローンを契約することはできますが、利用限度額は60万円で抑えられてしまいます。

しかし、夫の年収が900万円あるとすると、夫婦の年収を合算すると1080万円となりますから、利用限度額は360万円になり、かなり使い勝手が良くなります。そのため、例えば妻の方がカードローンに申し込む場合には、夫の了解を得ていれば、夫婦の年収を合算して申し込むことがおすすめです。

この、夫婦の収入を合算して申し込む場合には、配偶者貸付と言う制度を利用することになります。配偶者貸付と言う制度は、総量規制の例外的な措置であり、この制度を利用することで、例えば専業主婦などの収入が全くない方でも、カードローンを利用することができるのです。(参考ページはこちら→専業主婦の特例的な借り方について

しかし、この配偶者貸付と言う制度を利用するためには、当然のことながら配偶者の同意書が必要となります。そして、申し込みをしている方と、その同意書を書いた方が結婚していることを証明するために、住民票や戸籍抄本が必要となります。更に、配偶者の収入証明書も提出しなければなりません。勿論、申し込みをしようとしている方に収入がある場合には、本人の収入証明書も提出しなければなりません。

銀行の場合でも同様に、夫婦の収入を合算してカードローンに申し込むことができます。しかも、銀行は総量規制の対象外ですから、貸出限度額が消費者金融に申し込むよりも多くなる傾向があります。さらに、銀行の場合、配偶者貸付の制度を利用するわけではないので、配偶者の同意書や結婚している証明書、それに収入証明書などの提出は不要です。

消費者金融で申し込めば、必要書類が多く必要ですが、審査が比較的早いと言う傾向があります。一方、銀行の場合には、必要書類は少ないのですが、審査に比較的時間を要します。ただし、最近はそれではお客さんが離れてしまうので、審査が速い銀行もあります。どちらが自分たちにとって適しているかを吟味して申し込むとよいでしょう。

【参考ページ】
年収が融資審査で大事な理由を知る

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.