年収でカードローンの限度額の目安はつくか

キャッシングベスト3

私は今ある消費者金融のカードローンを利用しているのですが、利用限度額が少ないので増加の申請を考えています。先日、友人からローンの限度額は利用者の年収で決まると聞き、年収が少ない私には増額が難しいのではないかと不安になっています。

年収でカードローンの利用限度額の目安がつくと聞きましたが本当でしょうか。限度額と年収にはどのような関係があるのでしょうか

限度額の決定に年収が大きく影響しますがそれだけで決まりません

カードローンの利用限度額の決定は、申込者の信用状況や返済能力などを総合的に評価した上で決定されるといわれており、年収の額がその決定に大きく影響することは容易に想像がつきます。しかし、年収以外の信用事故の有無などの信用状況、他社での借入件数・借入額、家族構成、年齢・職業などの属性情報、資産状況や住居形態なども限度額の算定に影響するものと考えられます

カードローン会社によって利用限度額の算定方法は異なってくると思われますが、基本的には信用力と返済能力を加味していくらまでの借金なら返せるかを計る考え方に依存します。その考え方をシンプルに表すと、限度額=年収+売却可能な資産-生活維持費-他社ローンの返済額-リスク回避の保険代-信用力の評価、というような算定式になります。

この計算式はあくまで概念上の計算式で、年収をベースとした減点方式による算定式です。つまり、年収が多くなればなるほど限度額も多くなる可能性はありますが、他の要素でマイナスが多くなれば限度額はどんどん少なくなるわけです。

こうしたさまざまな要素が絡んで算定されることになると考えられますが、もちろんローン会社によって考え方も評価や計算方法も異なってくるので申込者としては細かい対策を打つことは難しいでしょう。また、多くの要素は申込者の努力によってにわかに改善できるものも少ないので、限度額の向上へ向けた取り組みは簡単ではないのです。

例えば、年収をアップさせるためには給料の多い大企業に勤務する、昇進・昇格する、といったことが不可欠になりますが、容易なことではありません。また、株式、土地や自動車など売却できるような資産も限られているか保有していないことも少なくないでしょう。したがって、プラス面の改善は難しいのです。
(⇒良い仕事に就けばそれだけお金も借りやすい?

しかし、マイナス面については改善の余地はあるかもしれません。例えば、現状よりも安い借家に転居する、毎月の食事代の節約、水道光熱費の節約、遊興費の節約をする、などで生活維持費の支出を抑えることは可能です。また、クレジットカードや他社ローンの返済を確実に行えば信用面で減額される可能性も低くなるでしょう。わずかな額になるかもしれませんが、限度額のアップに近づけるのではないでしょうか。

また、以上のような信用力や返済能力の面以外にもローンの利用実績を重視する会社もあるので注意が必要です。いくら年収や支出の面で改善があってもローンの利用が少なければ、限度額をアップする意味がローン会社にはないと考えられるからです。適度に借りてしっかり返すといった利用を行うことも忘れてはいけないのです。

消費者金融の場合は総量規制の適用を受けるため申込者の年収の3分の1を超える融資ができません。したがって、消費者金融では年収の3分の1までが限度額の目安といわれることがあります。もし、それ以上の借入を希望する場合には総量規制の適用を受けない銀行などの金融機関に申し込む必要がありますが、年収の3分の1を超えて融資してくれるかは申込者の状況次第ということになるでしょう。

カードローンの年収の目安は会社によって異なる

カードローンの審査に通るための年収の目安は、カードローンを提供している会社によって全く異なります。そもそも、カードローンは少額融資のサービスに分類されるものとそうでないものの二つが存在します。前者の場合には法律的な保障が大きくなりますので年収はそれほど気にしなくても良いのですが、後者に関してはしっかりとした収入証明書が必要となるのです。

では、なぜ少額融資に関しては年収をそれほど気にしなくても良いのでしょうか。それは、法律でそのように最初から決められているからです。実は、少額融資では本人が得ている収入が融資の上限の基準となります。本人の収入の三分の一を上限として融資を行わなくてはいけませんので、これ以上のお金を貸すことは出来ません。これは金融機関であっても守らなくてはいけないのです。

しかし、実は少額融資に関しては融資の枠に制限があるだけで、本人が得ている収入が大きな審査基準として働くことはありません。つまり、融資の対象を制限するものではないのです。融資の申請をした本人に収入があれば、それがどれだけ少ない収入であってもそこに融資の枠を設定することが出来ますので、お金を借りることが出来るようになります。事実、少額融資は学生でも利用できるのです。

反対に、少額融資に分類されないカードローンでは多額の金銭を受け取ることが出来ますので、そのような場合にはきちんと年収の証明書が必要になるのです。住宅ローンなどを考えればわかりやすいですが、本人の収入を遥かに超えてお金を貸してくれる一方で、お金を借りるためにはそれ相応の稼ぎを手に入れている必要があります。これが両者の大きな違いなのです。

このように、カードローンにおける年収の目安はサービスを提供する会社によって大きく異なります。このサービスを利用するときには、自身が利用する会社のローンがどの分類のローンになっているのかをきちんと把握しておかなくてはいけません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.