消費者金融のサイトで行われている借り入れの簡単診断を行ったところ、借り入れ可能と出ました。借り入れを行おうと考えているのですが、知人に聞いたところ仮審査に通ったからと言って借り入れができるわけではないと言われました。

借り入れが可能と出たのでそこの会社で借り入れを行おうと思ったのですが、仮審査に通っただけでは借り入れはできないのでしょうか?本審査はどのように審査されるのでしょうか?(参考ページはこちら→融資審査のされ方

仮審査に通っても借りれない?カードローンは在籍確認後審査が決まる

サイト上の仮審査はあくまで目安いたいなものですね。会社によってはサイト上の仮審査がそのまま本審査に繋がっているところもありますが、「3秒診断」みたいなものは最低限の判断ので、申し込みしても大丈夫かどうかくらいに考えておいた方がいいでしょうね。

本審査は、申し込み後必要書類を提出してから開始されます。記入した必要事項の年収や勤務先、勤続年数などを元に借り入れ金額の算定が行われます。審査はあくまで貸し付けることを前提に行われるので、どれくらいの金額であれば返済できるかという返済能力を見て借り入れ金額が決定されます。

最後に、情報に嘘がないかの確認のために勤務先に在籍確認の電話をかけます。在籍確認まできたらほとんど審査に通っていると思っても間違いないようです。在籍確認は本人が電話に出る必要はありません。不在であっても本人が在籍していることがわかれば完了します。会社の名前で電話をかけることはありません。ほとんどの場合は担当者の名前で電話がかかります。

以上のような感じ審査は進むので、とにかく申し込まれることですね。

カードローンの仮審査と本審査、在籍確認後は結果を待つだけ

いざというときに大変便利なカードローンですが、カードローンを利用するために申し込むとすぐに審査が行われます。この審査には主に仮審査と本審査があります。仮審査はインターネットから簡単に申し込むことができますが、ローン会社は、信用情報を照会し、融資が可能な人物かどうかを見極めます。

この信用情報というのは、その申し込み者の過去のカードローンの利用歴に関わる情報のことで、ローン会社各社がネットワーク上で自由に照会することができるようになっています。そして、その信用情報は瞬時にわかりますので、ローン会社によっては即日融資も可能になるのです。
(⇒金融業者によって対応は様々です

仮審査に通れば、ほぼ問題なく融資を受けることができますが、本審査ではまず申し込み者の本人確認や在籍確認が行われます。本人確認や在籍確認の目的は、なりすましではなく、申し込み者本人であることの確認と、申込書に記載されている会社にちゃんと勤務しているかどうかを確認されます。

在籍確認は職場に電話がかかってくるわけですが、特に心配する必要はありません。ローン会社もその辺は心得ており、ローン会社からの電話であることがばれないように配慮してくれます。また会社のほうにもローン会社から電話がかかってくる旨を伝えておく必要もありません。あくまでもいつもと変わらない自然な状態でいるようにしましょう。

在籍確認において電話で出た後は、申し込み者本人がするべき事はほぼ終わりです。そして、この在籍確認後は審査結果を待つことになります。この期間が長いところもあれば、即日に決まるところもあります。審査基準や方法はローン会社毎に決められており、どこでも同じというわけではないのです。

ところで、仮審査に通っても、この在籍確認のときに、あまりにも言動や態度に問題があると判断された場合は、融資枠に多少の見直しが起こることもあるので注意しましょう。コツは余計な事は言わないことです。聞き手に回って、質問されたらそれに答えるだけというのが良いと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.