カードローンの契約での在籍確認の必要性

キャッシングベスト3

私は最近評判がよくなってきた消費者金融のカードローンの利用を考えているのですが、審査に関連して会社への在籍確認があると聞き申し込みを迷っています。会社の上司はカードローンでの借金に否定的な考えを持っているので、もし知られると面倒なことにならないかと心配です。

そもそも審査で電話による会社への在籍確認は本当に必要なのでしょうか。何のために行われるのでしょうか。

勤務先や身元の確認、成りすまし詐欺への対策として必要です

カードローン会社の多くは契約時に申込者の本人確認を行いますが、通常申込者の会社に電話かけて在籍しているかどうかを確認しています。この確認行為は、申込者の身元、収入源である勤務先、そこに勤務しているかどうかといった点を確認するためのものですが、これら以外にも本人に成りすました詐欺からの防御策としても欠かせない行為と考えられています。(参考ページはこちら→融資審査で在籍確認が欠かせないワケ

ローン会社はお金を貸して利息を得ることを事業としているため、それらを返済してもらわないと事業を継続することができません。そのため、彼らは安定した収入が得られる人を原則的に利用対象者しており、それに該当するかどうかの判断のため審査を行っています。その審査の一環として、自宅や勤務先への本人確認が行われますが、就業者は主に会社での在籍確認という形でおこなわれます。

在籍確認は通常ローン会社の担当者が申込者の会社へ電話をかけることで実施されますが、細かいローンの話などはなく申込者に電話が繋がれば席にいても席を外していてもそれで確認が完了する、という非常にシンプルな確認作業です。

しかし、申込者にとっては借金する相手から会社へ電話されるので、会社の人にローンのことが知られないか、何か不審な電話があったと噂にならないかと心配する人もおり、この在籍確認に心理的な抵抗を感じたり、そもそも何故在籍確認が必要なのかと思ったりする人もおられるでしょう。

ローン会社が在籍確認する理由はいくつかあると思われますが、第一に身元の確認ということになるでしょう。もちろん自宅に電話することもありますが、収入源である勤務先に電話連絡すれば身元と勤務先の両方を一度に確認できる長所があるからです。安定した収入が得られるかはどのような職業に就くか、どの会社に勤務するかである程度判断できるので在籍確認が重視されているのでしょう。

もう一つの大きな理由は申込者に成りすましてローン会社から現金をだまし取ろうとするような詐欺の被害にあわないようにするためと考えられます。他人のカードを偽造する、他人を騙してカードを発行させそれを悪用する、そしてそれらを使ってローン会社からお金をだまし取る、というような詐欺が発生しています。こうした詐欺を回避するためには申込者の本人確認は欠かせない契約上の手続といえるのでしょう。

このような理由から一般的には会社への電話による在籍確認が行われていますが、事業者の中には健康保険証などの必要書類の提示で済ませるところなどもあるので、申し込む前に電話などで相談するのがよいでしょう。協力的な事業者も少なくないようなので、電話の方法や他の代わりとなる方法などを提案してくれるのではないでしょうか。

在籍確認はカードローンの申し込みの時に行われる

在籍確認は、カードローンの申し込みの時に行われる審査です。そもそも、カードローンのように消費者が少額融資のサービスを利用することが出来るサービスでは、大手の銀行が提供する融資のサービスで実施している審査を行うことはしません。そのような厳格な審査が必要になるのは、多額の金銭に関してトラブルが発生する確率をなるべく減らすためにするわけですから、少額融資には必要ないのです。

在籍確認も、そのような前提があって行われる審査の一つです。本来、融資を申請するのならば自信がどの程度の収入を得ているかをきちんと書類によって金融業者に証明しなくてはいけません。収入だけではなく、例えば保証人がいるのならばその証明をしなくてはいけませんし、保険会社に加入しなくてはいけないのならばその書類にサインをしなくてはいけません。
(⇒収入はやっぱり融資審査では欠かせません

ところが、カードローンの審査は身分を証明する以外は口頭の審査だけと言っても過言ではありません。少額融資のサービスでは、一定金額の融資以下ならば証明書などを用意する必要が無いことを法律が認めています。最初から法律によって融資の契約の安全性が担保されていますので、所得の確認であっても口頭の確認で済ませることが出来るわけです。

具体的にどのような方法で所得の確認を行うのかというと、融資の申請をしている人の職場に電話をかけることによって所得の証明を行うことになります。本当にその職場で働いていることがわかれば、たとえ書類で所得を得ていることが証明できなくても給料を得ているという推測が出来るようになりますので、本人の在籍確認がそのまま所得の証明になるのです。

このように、カードローンの申し込みの際に行われる在籍確認は、所得の証明の意味が強いわけです。もちろん、この審査によって本人のプライバシーが侵害されることはありません。安全にお金を借りることが出来るようになっていますので、安心して申し込みをすることが出来るのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.