カードローンの在籍確認で、友達が言っていたんだけど。バレたんだって家の人に。本人は笑い話で冗談交じりに言っていたんだけどね。私これから、カードを作ろうと思っていて、もし本当に友達の話が事実なら、私の場合きっと会社に在籍確認が行くかも知れないし、笑いごとじゃ済まされない。

大丈夫。在籍確認の方法も電話だけじゃないの

今、在籍確認も進化しているんですよ。お友達のお話はちょっと信憑性に欠けますが、お財布にカードが入っていることでバレた可能性が高いですし、ご家族に自営業で事務をされている方で勘が良くて、お友達がかなりたくさんのカードローンを組まれている方に限るはずです。在籍確認って消費者金融の場合、業者名を名乗って、利用者に確認をとることはしません。在籍確認の過程でバレることはないと思ってください。

最近の在籍確認は、大手インターネットのクレジット機能付きカードローンですと、申請完了とカード郵送の際の直接手渡しによる確認で在籍確認を取る方法もありますし、申請書に連絡先の指定だってできるんです。今は融資を受けて欲しいというのが現状です。とにかくお客さんを必要としているんですよ。

もし、在籍確認でお友達はご家族にバレることを気にしているぐらいなら、きっと契約後の利用した利用明細書なんかも、ご自宅に郵送して欲しくないと思うのではないでしょうか。今では利用明細を公式の会員ページで確認することが可能ですし、郵送しないことがが大半です。一度、公式ホームページを確認することも大切ですね。

【参考ページ】
カードローンの在籍確認についてさらに詳しく

カードローンの申込みに関する在籍確認の流れ

カードローンの申込みに関する在籍確認の流れは、申込みの記載されている勤め先にちゃんと勤めているのかどうかを消費者金融業者や銀行などが友達や知り合いになりすまし、電話をかけて在籍を確認する事で勤めている事を確認する事が出来ます。こう言った流れでカードローンに申し込むと在籍確認を行われ、借り入れの審査が通るのか確認していく様です。そう言った経緯で借り入れが出来る様になれば、問題なく取引がスタートとなります。

やはりカードローンの申込みなどは、お客さんによって嘘の記載をしているケースもある様で、そう言った事からやはり信用などもあり嘘の記載をする事だけは避けなければいけません。いずれにしても勤め先や年収や他に消費者金融からの借り入れなどもあるのであれば記載しておく必要があります。その記載で嘘をついても結局は調べられて気が付く事となり、借り入れに対する信頼を失墜する恐れもあり、そう言った所から借り入れ審査を落とされる可能性もあります。(参考ページはこちら→融資の審査に落ちてしまう主な理由

勿論こう言った状況での借り入れに関しては信用問題となり、嘘での申込書の記載はかなりの確率で分かる事なのでやめておく必要があります。こうした事から職場などの在籍確認を行う流れは以前から行われていて、そう言った事で気が付く事も少なくなっています。勿論ローンを行う事で必要な状況を確認する事は消費者金融業者や銀行にしても大切な事で、スムーズな取引を行う為にはやはりお金を貸す方としても貸し過ぎる事が問題となり、気が付くと返済出来ない状況になっている事も問題となります。

こう言った事から、消費者金融業者にしても銀行にしても、借入限度額を設けてその分以上に借り入れが出来ない様に管理しています。月に一度の返済に対してもしっかりと返済を行える状況であるのかどうなのかをもう一度見直しながら与信審査を行う必要があり、今後のカードローンの利用に関してもしっかりと審査される事となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.