銀行のカードローンで借り入れたいと思っているのですが、先日から3社ほど審査に通りませんでした。やはり、銀行カードローンは審査が厳しいのでしょうか?サラ金での借り入れはできれば避けたいと思っているので、また銀行カードローンに申し込みをしようと考えています。審査基準などで審査に通らない理由をご存知の方がおられたら教えて頂けないでしょうか。

教えて下さい!銀行カードローンが通らない理由

会社にもよりますが消費者金融のカードローンに比べると銀行カードローンは審査が厳しいかもしれませんね。3社の審査に落ちているとのことですが、同時に申し込まれたのでしょうか? カードローンの審査というのは、貸し付けることを前提に行われるものなので、返済能力があるかないかで結果が出ます。カードローンの審査は通らない理由というのがいくつかあります。

まず、一つ目は仕事をしてない方。つまり無職ですね。これは社会的信用も返済能力もないと見なされるので、審査に通りません。次に、自己破産や債務整理をしたことがあるいわゆるブラックリストに載っている方。そして、金融事故を、起こしたことがある方。これらは個人信用情報機関からデータが抹消される一定期間は借り入れが難しいですね。銀行は特に厳しいと思います。

そして、申し込みを同時に行った場合も審査に影響します。借り入れの際、利用者の情報は個人情報だけでなく申し込みから借り入れ内容に至るまですべての情報が個人信用情報機関というところに登録され、金融機関は情報を共有することができます。同時期に複数社への申し込みを行うと「申し込みブラック」や「申し込み不審者」といわれる要注意人物にみなされて審査に影響します。

あとは、他社からの多額の借り入れをしていたり多重債務などがある場合も審査に影響します。以上が審査に通らない主な理由に挙げられるものです。

どうして銀行カードローンが通らないのかは

多くの人が銀行カードローンの申し込みを経験した事が有ると思われますが、審査が通る人や審査が通らない人等審査結果は人により様々です。その中でも銀行カードローンが通らない人にはそれなりの理由が幾つか有り、それが審査基準の条件に当てはまらないからです。

まずは一番多い理由は安定した収入が得られない状態で、日雇いなど安定しない職業や収入の無い無職の状態では銀行も返済計画が想定できませんので、カードローンの審査基準上返済不可能と見なされますのでほぼ審査で落とされるのは確実と言えるでしょう。しかし主婦は例外で配偶者の収入次第で審査が通る事も有りますが、限度額は制限されます。
(⇒仕事による融資審査の有利不利

次に多いのは多重債務者で幾ら安定した収入が有っても、それ以上に他社の借入れが多かったり毎月の返済額が収入の金額を超える場合は返済能力と言う点から考えると審査基準を満たす事が無理と考えられますので審査は通らない事が多いです。しかし多重債務者の中でも毎月の返済額を大きく超える安定した収入が有る場合は、審査が通る場合も有ります。

そしてたまに見かけるのは他社の借入れが有り借りている金額も大きくはないのですが、毎月の支払いが滞る事が多い人は返済の面から見て信用度の問題が有りますので、幾ら借りている金額が少なくても約束を守れない計画性の無い人と判断されますので、銀行カードローンが通らない確率はかなり高くなります。

銀行カードローンは消費者金融と比較しても社会的な信用も含めて審査基準は厳しく設定されていますので、消費者金融では審査が通る場合でも銀行では審査が通らない事も有りますので、注意しなければいけない点は職業と安定した収入が有る事は基本的な基準ですが、それに加えて他社の借入れの数や総額そして返済状況を細かい所まで調べられます。

そして重要なのは申し込みの際に他社の借入れの総額や職業の欄に虚偽の記載が有り、それが審査をする経過の中で虚偽の事実が判明すると、確実に銀行カードローンは断られますので申し込みの際には銀行に対する信用の為にも絶対に虚偽の記載をする事は自分にとってもマイナスになりますので注意しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.