なぜ、銀行カードローンの審査に通らないのが教えてください。

お金を貸す側は、返してもらえない人にはお金を貸したくない

お金を借りようと思って銀行のカードローンを申し込んだのに、審査に通らずお金が借りられないとなると、その後の予定が全部狂ってしまいます。できることならそういった事態は避けたいものです。それでは、どうして銀行のカードローンの審査に通らないのか、原因を知りたくはありませんか?その前に、大前提についておさらいしましょう。

「お金を貸す側は、返してもらえない人にはお金を貸したくない」と思っている、ということです。言い換えれば、返してもらえないリスクが大きい、と判断されれば融資を受けられない=審査に通らない、ということが往々にしてあり得ます。それでは、どういう人がそのように判断されてしまうのでしょうか。(参考ページはこちら→融資審査はどの部分を見て融資を決めるのか

まず、「借入件数が多い」ことはマイナス要因の一つです。他の会社からも借入をしている、とみなされてしまうため、お金を返してもらえないリスクも高いと判断されてしまうのです。同様の理由で、「同時にたくさんの会社に申し込みをしている」こともカードローンの審査に通らない原因となり得ます。カードローンを申し込むときは、欲張っていろいろな会社に申し込まないようにしましょう。

「申込書に不備がある」ことも断られる原因となります。申込書に不備があるということは、会社側に虚偽の告知をしている、とみなされることもあるのです。申込書を書いて提出するときは、不備がないかどうか、今一度見直すことを心がけましょう。最後に、「ブラックリストに載っている」ことも断られる原因の一つです。過去に返済遅延などがある場合は要注意です。

【参考ページ】
一度見直すべき審査落ちの理由

銀行カードローンの審査通らない場合に多い理由とは

日々の暮らしではお金が必要な局面において急に残金が不足して、どうにも首が回らない事態に陥ることがたびたび起こります。そんな時には銀行カードローンを手軽に活用することで速やかに融資を受けてピンチを凌ぎたいものです。(参考ページはこちら→事前にカードさえ用意しておけば後は安心?

この銀行カードローンとは、自分専用のカードを発行して手元に持っておくことで、もしもお金が必要になった際には近くのATMへサッと立ち寄って機器を操作することで簡単に融資金を手にできるという借り入れ方法のこと。街中にある銀行ATMにて借り入れることができる場合も多く、さらには提携コンビニにあるATMからも24時間いつでも手軽に借り入れることが可能です。銀行ならではの低い利息も嬉しいところ。低負担にて日々のお金の不足をおぎなってくれることでしょう。
(⇒銀行カードローンには良いところが多いです

ただし、これらの銀行カードローンを活用するためには審査を受けなければなりません。まずは店舗窓口や自動契約機、ネットや電話などで申し込みを行った上で、銀行側の担当者による返済能力の精査を経る必要があります。この時にもしも何度受けても、審査通らないことがあったなら、その時には幾つかの理由が考えられます。

まずは職業や年収が金融機関の定める基準を充たしておらず、貸したお金が返済されない可能性があるとして融資依頼を却下された場合。または審査に必要な身分証明書や収入証明書の写しなどをきちんと定められた条件にて備えておらず、提出書類不足で申請が却下された場合。他にも審査の最終段階で行われる会社や自宅への在籍確認において、その人の所属がきちんと確認できなかった場合。そして最後に、金融機関から信用機関への問い合わせにおいて、申請者がブラックリストに入っていることが判明した場合などが挙げられます。

とりわけ最後に挙げたブラックリストに関する項目は重要で、過去の借り入れにおいて返済事故を起こしたことがあったり、返済が遅れたことがあったり、または短期間のうちに複数の金融機関に借り入れ申し込みを行うなどの行為を繰り返したことなどがあると、このブラックリストに名前が挙がり、審査通らない状態となってしまうので注意した方が良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.