銀行のカードローンの審査が通らない理由

キャッシングベスト3

私はカードローンの利用を考えており、消費者金融よりも身近な存在である銀行のローンを優先して検討しています。しかし銀行の審査は厳しく合格しないことも多いと聞き少し心配になっており、何らかの対策が必要であると思っています。

そのためには銀行カードローンの審査に通らない理由を知っておくことが重要だと思うのですが、理由として何が考えられるでしょうか。(参考ページはこちら→みんなが不安になる融資審査に落ちる理由について

信用や収入の不安、信用事故の有無、保証会社の評価が影響します

すべての銀行というわけではありませんが、一般的に銀行カードローンの審査は厳しいといわれており、その背景には銀行独自の審査に加え保証会社の審査の結果が反省されるからと考えられます。そして、評価レベルの理由としては、返済遅延・滞納や債務整理などの信用事故、過大な借入額、収入の低さ・不安定さ、過少な勤続年数や定職の有無などが影響すると考えらえます。(参考ページはこちら→融資の審査で見られている部分

銀行は融資に関して担保主義や保証人主義で事業を行ってきているイメージがあるためかカードローン事業での銀行の審査が他のローン会社よりも厳しいといわれることが少なくありません。それを断言できる明確な証拠はないのですが、銀行での審査は自社独自のものと保証会社の審査の2本立てで構成されることもあるという点で厳しいとみられているかもしれません。

都市銀行、地方銀行や信用金庫などの多くの金融機関がカードローン事業に参入していますが、その多くは審査を大手消費者金融や信販会社などに委ねています。金融機関は彼らに保証とともに審査も請け負ってもらうなどで貸金事業のノウハウの少ない点を補完しているようです。

したがって、銀行カードローンの審査では自社独自のものと保証会社のもので行われることになり、その中心は保証会社といえるでしょう。保証会社は利用者が返済義務を果たさない場合、自社がその債務を代わりに弁済する必要があるため、やや厳しめの評価をしている可能性があるわけです。そして、それに加えて銀行独自の評価が加わればより厳しいものになることも想像できるでしょう。

評価レベルの理由としては、返済遅延の繰り返し、長期の滞納や債務整理などの信用事故の有無とその内容、他社での借入件数と借入額の多さ、転職回数や勤続年数などの勤務状況、年収、などが重要な要因と考えられます。これらの中で何が重要視されるかは各銀行やその保証会社の審査基準などにより異なるので特定できませんが、いずれも重要な要因です。

どれも一朝一夕で改善できるものではありませんが、クレジットカードなどでの返済を遅延なく支払う、他社ローンの借入額を少しでも減らす、安易な転職をしない、アルバイトから定職に就く、昇給や昇格して年収を増やすといったことに少しでも取り組んでいくことで審査に通る可能性を高めることもできます。まずは自分にあてはまる要因を探ることから始めてみてはどうでしょうか。

銀行のカードローンの審査通らない理由とは?

銀行系のカードローンに申し込んだけれど、審査通らない、という人は多いのではないでしょうか。

融資可能額が大きいことに加え、総量規制の対象外であり、さらに金利も低いのが銀行のカードローンの特徴です。そして、他と比べて低金利で融資を行えるのは、それだけ厳しい審査基準で、利用者を絞り込んでいるからなのです。そのため銀行のカードローンの審査に落ちてしまった場合でも、ほかの信販や消費者金融のカードローンの審査に通る可能性は十分にあるといえます。(参考ページはこちら→消費者金融と銀行では審査結果も違うの?

審査は、申請者が信用できる人物なのか、つまり、お金を貸したら、ちゃんと返してくれる人物なのかどうかを判断するために行われます。判断の基準は金融機関によって異なりますが、基本的には安定した収入が継続的にあることがポイントになります。そのため、収入証明書などの書類の提出が求められる場合や、職場や自宅に担当者から電話がかかってくる在籍確認が必要な場合もあります。(参考ページはこちら→融資審査で行われる在籍確認について

また、審査において勤続年数は重要な項目の1つです。勤続年数が長い人は、それだけ会社から信頼されている人物であり、安定しているという評価につながります。一方で、何度も転職を繰り返し、勤続年数が短い場合、例え高収入であっても安定性にかけているというマイナスの評価になってしまいます。融資する側は、申請者のずば抜けた将来性より、平凡でも安定していることを重視する傾向があるのです。

さらに、住居に関しても評価の基準があります。一般的には持家の方が賃貸よりも評価が高く、審査には有利です。しかし、賃貸だからという理由だけで審査に落ちることはありません。賃貸の場合、見られているのは居住年数なのです。だいたい1年以上移住していれば問題はありませんが、あまりに居住期間が短く、住居を転々としている場合は注意が必要です。

このように、審査には様々な項目があります。収入はどれくらいなのか、会社はどこで職種はどんな内容か、どれくらいそこで勤めているのか、こうした様々な申請者のデータを点数化し、最終的に算出された点数によってお金を貸せるかどうか、またどれくらいまでならOKかを見極めているのです。
(⇒仕事も融資審査に関係しているの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.