カードローンがくめない理由について教えてください。

様々な理由が考えられます

カードローンが組めない理由に関しては、巷では様々な憶測が飛び交っています。実際のところ、どうなのでしょうか。カードローンを組めない理由をさまざまな側面から探ってみましょう。まず、一番に挙げられるのが、「公共料金や携帯料金の滞納があった」ことです。この場合、公共料金はガス、水道、電気、電話などの利用料を指します。

また、携帯料金は携帯電話会社の系列の信販会社が代金の収納を行っていることが多いです。そのため、携帯料金の滞納があると、信用情報機関に事故情報として記録されてしまいます。俗にいう「ブラックリストに載る」ということです。次に考えられるのが、「過去にカード料金などを滞納したことがある」ということです。
(⇒ブラックリストは何故なってしまう?

先ほど述べた携帯料金と理屈は同じで、支払の遅延は信用情報機関に事故情報として記録されてしまう原因となります。過去の情報、という点では、過去にお金が返せなくなり、任意整理や自己破産をした場合も、申込みではかなり不利になります。また、貸金業法との関連で考えたほうがいいことがあります。それは、他社でどれぐらい借りているのか、ということです。

貸金業法の「総量規制」という規定により、年収の3分の1を超える金額の借入はできないことになっています。新規にカードローンを申込むことにより、この規制に引っ掛かってしまう場合も当然審査に落とされることになるのです。極端な言い方ですが、カードローンを申込む際は、ご自身の過去の行いを振り返って、その上で申込みに通るかどうか考えたほうがいいでしょう。

カードローンがくめない場合に確認したい事

金融業者のカードローン審査に通過する事によって、キャッシングやローンをくめるようになりますが、審査に通らずにカードローンがくめないという時には、何が原因なのか気になるものです、金融業者によってカードローン審査の基準には違いがあるものですが、どこの業者を選択したとしても、共通する押さえるポイントというものがあります。

まずは年齢や収入の基準ですが、未成年学生用のローンを除けば、原則としては成人以上であることが必要になってきますし、他にも収入がある事もカードローン審査に通過するには必要な要素になります、無職で収入がない方では、借金を行ったとしても返済出来ないと見なされるのは仕方無い事ですし、まずは成人以上であり、一定の収入の流れを持っておくという事が前提として必要になってきます。
(⇒無職のうちに融資に申し込むのはNGです

成人以上であり、収入もあるにもかかわらず審査に通らず、カードローンがくめないという時は、すでに借金を行っている状態であったり、他社借り入れ件数が多いという例もあります、他社借り入れや借金も無いのに通らない場合は、過去の借金での返済時にトラブルがあったとかの例もあり、過去の履歴から返済の力に不安があると見なされて審査に通らずカードローンがくめない場合もありえます

他にも不安定な職種であったり、借入希望額が収入に対して大きすぎる等、結局は全て希望額と返済能力の関係性から審査に通るかどうかが決定され、返済する力があると認めてもらう事が出来れば、カードローンを利用する事が可能になるのです、業者から信用される事によって、契約の範疇での借り入れが可能になります。

カードローンがくめない場合はそういった条件を調べてみるのも良いでしょうし、条件をクリアして借金が出来るようになったとしても、確実に返済出来るように利用しなければ、将来的にその履歴が原因になって新しいカードローンがくめないという事も起こりえますから、借りたお金は約束通りに完済しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.