カードローンの審査に通らない理由、って一体なんでしょうか

貸したお金を絶対に回収することを目指している

なんとなくはわかるけど、はっきりとはわからない、という人も多いでしょう。そこで、どういう条件に該当すればカードローンの審査に通らないことが多いのか、ということについてまとめてみました。その前に、大前提として知っておいて欲しいことがあります。それは、「銀行や消費者金融は、貸したお金を絶対に回収することを目指している」ということです。
(⇒融資の審査で絶対に見られている部分

考えてみれば当たり前の話なのですが、貸したお金が戻ってこなかったら、会社の経営にも影響を及ぼします。そのため、「お金を返してくれそうにない人」には最初から貸さない、というのが基本姿勢としてある、ということを覚えておきましょう。そこで、どういう状態なら「お金を返してくれそうにない」と判断されてしまうのか、説明します。端的に言えば、「信用情報機関に事故情報が記録されている」場合です。

俗にいう「ブラックリストに載っている」ということです。銀行や消費者金融にカードローンを申し込むと、会社のほうで信用情報機関への照会を行います。そこで、いわゆる「事故情報」がないかどうか探るのです。では、どういったことが「事故情報」として記載されているのでしょうか。まず挙げられるのが、「3ヶ月以上の延滞」です。
(⇒ブラックリストの原因は要チェック

1、2週間程度の延滞なら給料との兼ね合いでありうるので、あまり問題になることはありませんが、明らかな延滞はマイナス要因です。次に、「債権回収、破産申立、強制解約および債務に関する整理行為」です。これらは、端的に言えば「お金を返すことができなくなってしまった」記録です。過去にお金を返せなかった人が、現在も返せるはずはない、と判断されてしまいます。また、事故情報とは違いますが、チェックされるポイントとしては、「会員会社が信用情報機関に照会した日付」も挙げられます。

これはどういうことかと言うと、会員会社は申し込みがあった場合に、信用情報機関に対して情報の照会を行います。そのため、あまりに頻繁にこの日付に関する情報があると、「たくさんの会社に申し込み=多重申し込みをしている人」とみなされてしまうのです。当然のことですが、お金は借りれば借りるほど、返せなくなるリスクはあがります。そのため、多重申し込みをしている人に対する新規の貸付は敬遠される傾向にあるのです。

銀行カードローンの審査が通らない理由について

銀行カードローンの審査が通らない理由についていくつか考えられることがありますが、まずは信用情報会社に何らかの事故情報が登録されている場合には、審査に通らないことがあります。無論、審査に通る場合もありますが、その場合は借り入れの申し込みをしているところの金利が高いなどの場合があります。

この信用情報会社の登録内容は、過去の借り入れ状況や与信枠と言って現在借り入れているところの借り入れ限度額の総額が多くなっている場合も、その会社ごとでどの程度までなら貸してもいいのかという社内ルールのようなものがあるので、それに該当すると借り入れはできなくなります。
(⇒融資の信用情報の内情について

他には、過去に延滞をした場合でそのことが元で信用情報会社に登録をされてしまった場合も当然新たに貸すにはリスクを負うことになるので、新たな借り入れ申し込みには慎重に対応をするところも出てきます。この時に注意したいのが携帯電話やスマートフォンなどの分割払いで購入をしている時です。これも3か月以上滞納をすればこの信用情報会社に登録がなされると言われています。

このように、基本t系には2段階の審査状態になっていて、まずはその借り入れを申し込んだ企業での書類審査により、貸しても大丈夫かどうかの判断があります。次にそのことをパスしても次に信用情報会社などで他社などの借り入れ状況がどうかという判断があります。このように複数の審査をパスしなければ借り入れをすることはできなくなっています。

なお、こうした借り入れの申し込みをした情報も実は信用情報会社に登録がなされると言われています。つまりその申し込みが通った場合でも通らなかった場合でも、信用情報会社には登録がなされてしまいます。審査で通らなかった情報はおおむね数か月程度で消去されると言われていますので、新たな借り入れを行う際には、もし断られた場合は数か月間を開けてから申し込みを行うなどの工夫が必要となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.