お金を借りたいと考えているのですが、私の周りの友達はカードローンの審査に落ちている人がいてお金を借りるのが難しいイメージがあります。しかし、どうしてもお金が必要になったので審査に絶対通りたいと思います。現在、私はフリーターでアルバイトをしています。フリーターだと借りられないとかあるのでしょうか?審査に通らない場合の理由を教えてもらえないでしょうか?
(⇒融資に通りやすい職業とは?

カードローン審査に通らない場合に考えられる理由を教えて!

フリーターでも安定した収入があれば借り入れることは可能です。審査に通らな理由というのはだいたい決まっています。

一つ目は、無職です。無職の場合は審査に通りません。金融機関の審査では、基本的にはお金を貸すことを前提に審査を行います。なので、提出書類に記入した年収や勤務先や勤務年数などの情報を元に返済能力がどれくらいあるかというのを査定します。それによって借り入れの金額も決定します。しかし、無職であれば返済の見込みがなので、返済能力なしと判断され審査に落とされます。

二つ目は、自己破産者や金融事故者です。自己破産者はお金を返せなくなったことがある人。金融事故者は遅延や延滞を何回かしている人を指します。要するに、お金を貸してもちゃんと返済ができないかもしれないという信用がなく、審査に通らない可能性が非常に高いです。

三つ目は、多重債務者です。多重債務とは複数社から借り入れを行ってる方で、他社からの借金が返済できないから返済にあてるためにお金を借りるつもりではないかと思われるみたいですね。要するにこれも信用がないので審査に影響します。

最後に、申し込みの際に複数社同時に申し込みをすると審査に影響します。これは「申し込みブラック」や「申し込み不審者」と呼ばれ、複数社申し込まなければならなお金に困った事情があるのではないと不審に思われ審査に影響します。

要するに、カードローンで借り入れを行う際は、信用と返済能力がないと審査に通らないということになります。以上を踏まえて申し込みしてみて下さい。

カードローン審査に通らない場合の対処法を知っておく

カードローン審査に通らない場合の対処法を知っておくことによって、次に審査を受けるときにきちんとお金を借りることが出来るようになります。基本的に、カードローンの審査はそれほど難しいものではないということを知っておかなくてはいけませんカードローンは学生であっても利用することができるものですので、審査に通らない場合にはよほどの原因があると考えて間違いないのです。

具体的に、こうしたカードローンの審査で参考にされるポイントとは一体何なのでしょうか。カードローンの審査でもっとも大切なことの一つとして、これからお金を借りる人の債務の状況があります。当然ですが、消費者がお金を借りる前から多額の金銭を他の会社から借りているときには、融資の申請に通りにくくなってしまいます。しかも、こうした情報は誤魔化すことができません。

なぜ自身の借金の情報は金融機関に知られてしまうのでしょうか。それは、信用情報という情報が存在するからです。金融機関は、消費者に対してお金を貸すときに信用情報という債務者の債務の情報を閲覧することになります。この情報は、金融機関であればどこであっても閲覧することが出来るものですので、嘘の情報を申告してもこの情報を見ることによってすぐに嘘がバレてしまうわけです。

そもそも、信用情報にはどこの金融機関に融資の相談をしたのかなどと言った詳細な情報が記されています。単純にお金を借りたという事実だけではなく、相談をしたという事実だけであっても信用情報にその情報を記載されてしまうことになりますので、本来ならばお金を借りるときには前もってきちんと準備をしておいたほうが賢明なのです。

だからこそ、自身の債務の情報に関しては敏感になっておく必要があります。カードローンの審査に通らないときは、信用情報の審査に引っかかって落ちてしまうことが多いので、相手の心証を悪くしないように準備をしてからすぐに融資の申請をした方が良いのです。

【参考ページ】
カードローン審査の内容を把握して役立てよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.