銀行カードローンの審査に通るための方策

キャッシングベスト3

先日、ある都市銀行のカードローンに申込んだのですが、審査に落ちてしまいました。また、別の銀行に申込もうかと考えていますが、また審査に通らないのではと心配になっています。

銀行カードローンの審査が通らない場合の対策は何かないのでしょうか。(参考ページはこちら→融資の審査には何故落ちるのか

収入アップ、信用状況の良化、借入額の削減などの対策はあります

銀行のカードローンの審査は他の事業者より厳しく合格することは簡単でないといわれることもありますが、合格するための対策はないとはいえません。例えば、アルバイトやパートの人はより収入が多く安定した仕事に就く、小さな返済事故も発生させない、他社での借入額を減らす、不要なクレジットカードなどは解約する、などの信用力と返済能力をアップさせる方法があります。
(⇒安定した仕事なら融資を受けるのも簡単?

すべての銀行のカードローンの審査が難しいというわけではありませんが、一般的には合格するのは容易でないとみられています。銀行カードローンのほとんどはその保証や審査を消費者金融、保証会社や信販会社に委託していますが、請け負っている消費者金融などはローンの支払いがされない場合代位弁済する義務があるためその審査は厳しめになることが予想されます。

さらに、銀行によっては独自の審査も加えることもあるので結果として厳しめになると考えられます。しかし、現在のように競争が激しい環境下では必要以上に厳しくすれば利用者はどんどん減少することになりローン事業として成り立たなくなるので、厳しいといえども他の事業者と大幅に違いがでるとは考えにくくそれほど心配する必要もないでしょう。

しかし、現実に落ちてしまい何ら改善をしなければ状況はかわらず、別の銀行のローンに申込んでもやはり落ちる可能性は低くないといわざるを得ません。そのため、心当たりのある落ちた原因をもとに改善策を立て少しずつでも実行していくことが今後の契約に向けて重要となるだけでなく、結果的により条件のよい借入の実現に繋がるでしょう。

改善策としてはまず収入の安定と増加が重要となりますが、簡単ではないでしょう。それでもアルバイト、パートや派遣の仕事をしている人は正社員になる、正社員の人は残業を進んで引き受ける、昇進や昇格を目指すといった方法があります。信用面の改善ではうっかり忘れの返済遅延などを起こさず期日通りの確実な支払いの繰り返しで信用を高めることが重要です。

また、他社での借入額がある場合は可能な限り減らすことも有効です。そして、他社のローンやクレジットカードの未利用のキャッシング枠を解約して利用することのない借入限度額をなくすことも非常に重要です。この未利用の限度額は使っていなくても将来のリスク要因として評価する銀行もあるので放置しておいてはいけません。

対策は原因にあわせて立てるのがセオリーですが、銀行から落ちた理由を教えてくれることは直接的にはありません。しかし、今後の対策を相談する形で今まで見てきた対策が有効かどうかを尋ねてみれば、その返答や反応で何らかのヒントを得ることも不可能ではありません。落ちたとはいえ申込んで何らかのつながりができたわけですので、確認のための相談をしてみてはいかがでしょうか。

銀行カードローン審査通らない典型的な理由

銀行カードローン審査通らない方には、幾つかの典型的な理由があります。このカードローンの審査に通らない共通したポイントとしては、属性に関したものが多く、申込の際の記入ミスが原因になり、利用者の確認がとれないケースが多くあるのです。特に多いものとしては、住所や電話番号の記載ミスがあり、記入した住所や電話番号で本人の確認がとれず、審査に通過できないといったことが多くあります。そのため、カードローンの申込時には、これらの個人情報に記入ミスがないかを確認する事が大切なのです。これらの間違いは融資を提供する銀行側からすれば、虚偽の申告として受け取れるものである為に、慎重に記入する事が必要になります。

また、銀行系のカードローンの審査で不利になる条件としては、勤続年数があります。これは一般的な会社員の方の場合は、勤続年数で一年以上が必要で、自営業主の方が銀行系のカードローンで借入を希望する場合は三年程度を目安にしておく必要があります。この基準を満たせない場合は、銀行系の融資では審査に通過する事が難しくなることもあり、注意が必要な項目となっているのです。これはより長期的な勤続年数が確認できれば、収入も安定し、給与も高額になる事が予想される為で、銀行系の融資では継続的な収入を重視する傾向が非常に強いので、この条件を満たしているかどうかが重要になるのです。また、年収は高ければ審査に有利なのではなく、転職経験が多い方の場合や、転職して時間が経過しておらず、勤続年数が短い方の場合は、安定性に欠けるとみなされるので、審査に通らない可能性もあるのです。

そして、審査に不利になる属性面での条件としては、在籍確認に関するものがあります。これは在籍確認の際に、勤務先や在宅での確認がとれず、申請した内容に不一致がある場合です。一般的な在籍確認は、勤務先への電話連絡となりますが、この確認時に会社への在籍が確認できれば審査への通過は問題ないことが多くなり、スムーズに融資を受ける事ができます。
(⇒在籍確認はどう対応すべき?

【参考ページ】
銀行カードローンの仕組みについて

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.